オルタナティブ・ブログ > 『ビジネス2.0』の視点 >

ICT、クラウドコンピューティングをビジネスそして日本の力に!

2018年のAIシステム市場は532億円、2023年には3,578億円の市場に。市場成長の要因は?

»

調査会社の IDC Japanは2019年5月21日、「国内AIシステム市場に関する市場予測」を発表しました。

IDC JapanではAIシステム市場を

自然言語処理と言語解析を使用して質問に応答し、機械学習をベースとしたリコメンデーションとディレクションを提供することで、人間の意思決定を補助/拡張する技術

として定義しています。

2018年のAIシステム市場全体は前年比の91.4%増の532億円となっており、市場の構成は以下のとおりです。

ハードウェア:142億円(26.6%):AIのコンピューティング能力を提供するサーバーと学習データを蓄積するストレージで構成

サービス:200億円(37.5%)AIシステム構築のためのコンサルティングサービスやアウトソーシング

ソフトウェア:191億円(35.9%)AIのコア機能を提供するAIソフトウェアプラットフォーム、およびAIアプリケーションで構成


予測期間の初期では、ユーザー企業におけるAIシステムを検証する目的の継続的なPOC実施があるため、ITコンサルティング/ビジネスコンサルティング/インテグレーションなどのサービス市場の比率が高くなりますが、予測期間の後半では、アプリケーションソフトウェアへのAI機能の組み込みが進み、ソフトウェア市場の2018年~2023年の年間平均成長率が53.4%と高い成長率を維持し、2023年には、同市場は1,619億円に達すると予測しています。

また、国内AIシステム市場全体では、2018年~2023年の年間平均成長率は46.4%で、2023年には3,578億円に達すると予測しています。

スクリーンショット 2019-05-23 16.02.45.png

出所:IDC Japan 、国内AIシステム市場に関する市場予測 2019.5

IDC Japanでは、

ITサプライヤーは企業が外部環境の変革に着手し、継続的なDX(Digital Transformation)を実現できるようデジタルを核とするビジネスモデルをデザインできるコンサルテーションと、柔軟なAIシステム環境/サービスなど、顧客に多様な選択肢を提案できることが重要になる

と、提言しています。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する