オルタナティブ・ブログ > 『ビジネス2.0』の視点 >

ICT、クラウドコンピューティングをビジネスそして日本の力に!

政府におけるイノベーション政策の進捗状況などについて

»

政府は2019年3月4日、「総合科学技術・イノベーション会議」を開催し、主にエネルギーマネジメントなどに関する議論・検討を行っています。

本会議の中で、政府におけるイノベーション政策の進捗状況等について も資料が公開されていますので、その中から取り上げてみたいと思います。

政府におけるイノベーション政策の進捗状況については、

ムーンショット型研究
バイオ戦略
量子戦略
スマートシティ
AI戦略
安全・安心

の6つの項目から進捗状況を整理しています。

スクリーンショット 2019-03-25 20.27.10.png

出所:総合科学技術・イノベーション会議 2019.3

政府のAI戦略については、AI戦略パッケージ骨子(案)をまとめ、AIの利活用に対し、第一弾として、特に重要な「人材」「データ」「倫理」に関して進めるべき政策を策定するとしています。今後、さらに、検討をすすめ、「研究開発」「社会実装」に関する実現政策を来年夏までに策定予定となっています。

スクリーンショット 2019-03-25 20.30.45.png

出所:総合科学技術・イノベーション会議 2019.3

量子技術イノベーション戦略(案)の基本的な方向性では、量子技術に関する幅広い取り組みを強化・拡充するとし、産業・イノベーションや国際戦略、技術開発、知財・標準化、人材育成の5つの項目でまとめていくとしています。

スクリーンショット 2019-03-25 20.32.54.png

出所:総合科学技術・イノベーション会議 2019.3

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する