オルタナティブ・ブログ > 『ビジネス2.0』の視点 >

ICT、クラウドコンピューティングをビジネスそして日本の力に!

AIに関する米国主要プレイヤの事業領域マッピング

»

総務省は2019年1月30日、「AIネットワーク社会推進会議 AI経済検討会(第1回)」を開催しました。

今回から新たに新設されている「AI経済検討会」では、AIの社会実装の推進により、どのような社会経済を目指すべきか、基本的な政策や中長期的な戦略のあり方について検討していくとしています。

本検討会では、AIの利用等を巡る産業等の構造【暫定版】の資料を公開し、議論・検討を行っています。

AIに関する米国主要プレイヤの事業領域マッピングでは以下のとおり、整理しています。

スクリーンショット 2019-02-05 17.37.50.png

AIに関する米国主要プレイヤの事業領域マッピング
出所:AIネットワーク社会推進会議 AI経済検討会(第1回) 2019.1.30

データ収集に関するトレンドでは、上記の企業は、ネット上に流通するデータのみならず、リアルデータの収集が目的と考えられる動きを一部見せ始めていることを紹介しています。

一例として

1. IoTデバイス提供による情報収集:スマートスピーカー(Google、Amazon、Microsoft)

2.リアルデータを持つ企業の買収:医療情報、気象情報を持つ企業の買収(IBM)、ビジネスSNSの買収(Microsoft)

の2点を紹介しています。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する