オルタナティブ・ブログ > 『ビジネス2.0』の視点 >

ICT、クラウドコンピューティングをビジネスそして日本の力に!

【記事紹介】多様化するプライベートクラウドの選択肢、パブリックの特徴にカスタマイズ性をプラス

»

2018年4月から「サービスから読むデジタル化の最新トレンド」というテーマで連載の機会をいただいており、今回は、「多様化するプライベートクラウドの選択肢、パブリックの特徴にカスタマイズ性をプラス」というテーマで記事を寄稿しました。

スクリーンショット 2019-02-03 10.50.27.png

ユーザー企業が情報システムを導入・移行する際に、クラウドサービスの採用を優先的に検討する「クラウドファースト」が浸透している。「デジタルトランスフォーメーション」というキーワードの広がりを受け、ユーザー企業がデジタル化を推進するのに当たって、その基盤にクラウドを採用する動きが顕著となっている。

  ユーザー企業が情報システムを導入・移行する際に、クラウドサービスの採用を優先的に検討する「クラウドファースト」が浸透している。
   デジタルトランスフォーメーション」というキーワードの広がりを受け、ユーザー企業がデジタル化を推進するのに当たって、
  その基盤にクラウドを採用する動きが顕著となっている。

  2018年は、データビジネスや政府のデータ関連政策への注目が集まった年となった。「GAFA(Google、Apple、Facebook、Amazon)」による
  "情報独占"が進む中で、政府によるデータ流通における取引環境整備が進む年になる。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する