オルタナティブ・ブログ > 『ビジネス2.0』の視点 >

ICT、クラウドコンピューティングをビジネスそして日本の力に!

デジタル時代の新たなIT政策の方向性について

»

政府のIT総合戦略本部は2018年12月19日、「第75回高度情報通信ネットワーク社会推進戦略本部 第6回官民データ活用推進戦略会議 合同会議」を開催し、デジタル時代の新たなIT政策の方向性について、議論・検討を行っています。

既存産業では考えられないスピードで進展するデジタル技術やデータ活用型サービスに対応するため、デジタル時代に求められるルールや標準の整備やシステムの刷新を進め、「新たな社会システム」への移行を図ることを目的としています。政府では本方向性をもとに、平成31年度春頃を目途に「新たなIT政策大綱」として取りまとめる予定となっています。

スクリーンショット 2018-12-19 19.22.43.png

出所:IT戦略本部 2018.12

データの安全・安心では、デジタル時代の「新たな資源」であるデータを、安全・安心に流通させる国際的な枠組みを構築し、個人情報の安全性確保、重要産業のデータの管理の高度化、重要システムの政府・公共調達の安全性等を評価する仕組みの構築等を進めるとしてます。

スクリーンショット 2018-12-19 19.24.47.png

出所:IT戦略本部 2018.12

行政のデジタル化の徹底では、行政サービスの質の向上を図り、国民の手続に係るコストと負担を削減するためには、効率的かつ国民が使いやすい政府の情報システムを構築することが重要。 そのため、各府省の情報システム関係予算について、一元的なプロジェクト管理を強化するなどの取組を進め、更なる政府の情報システム改革の加速化していくとしています。

スクリーンショット 2018-12-19 19.26.40.png

出所:IT戦略本部 2018.12

民間部門のデジタル化時代への対応促進では、重要インフラ事業者を中心に、旧来のシステムの刷新、データ管理、セキュリティ対応等、デジタル化時代における競争性・効率性の強化と安全確保を両立させたシステムガバナンス、システム投資を促進していくとしています。

スクリーンショット 2018-12-19 19.27.58.png

出所:IT戦略本部 2018.12

プラットフォーム型ビジネスの台頭に対応したルール整備等の基盤強化では、デジタル・プラットフォーム型ビジネスの影響力が増し、社会的責任・公正性を巡る諸問題も顕在化しています。『未来投資戦略2018』において、プラットフォーム型ビジネスの台頭に対応したルール整備を進める旨が決定し、本年12月18日に決定した基本原則に基づき、具体的措置の実施を早急に進めるとしています。

スクリーンショット 2018-12-19 19.29.43.png

出所:IT戦略本部 2018.12

5Gインフラの整備やAI・データの活用推進と標準・アーキテクチャ整備機能の強化では、自動走行、医療・介護、農業などの分野において、AIの利活用を視野に、日本が強みを有するリアルデータを最大限活用するため、データ連携基盤の構築や標準・アーキテクチャの整備機能を強化。合わせて、データ利活用を支えるインフラである5Gの全国展開に向けた取組を進めるとしています。

スクリーンショット 2018-12-19 19.31.29.png

出所:IT戦略本部 2018.12

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する