オルタナティブ・ブログ > 『ビジネス2.0』の視点 >

ICT、クラウドコンピューティングをビジネスそして日本の力に!

地方公共団体が保有するデータのオープンデータ化の推進状況

»

政府のIT戦略本部は2018年11月13日、「第6回 官民データ活用推進基本計画実行委員会 オープンデータワーキンググループ」を開催し、オープンデータ官民ラウンドテーブルの実施状況についてや各府省におけるオープンデータ、地方のオープンデータの取組状況について、議論・検討を行っています。

地方公共団体のオープンデータの現状は、日本の地方公共団体数が1788団体に対して、2018年9月現在で363団体と約20%にとどまっています。

スクリーンショット 2018-11-15 12.48.01.png

出所:第6回 官民データ活用推進基本計画実行委員会 オープンデータワーキンググループ

地方公共団体向けオープンデータ支援策では、研修・人材育成やユースケース作成などの取り組みを勧めています。研修・人材育成では、2020年度までに地方公共団体のオープンデータ取組率100%オープンデータを推進する地方公共団体職員を育成するため、必要な知見・技術を体系的に習得できる研修を全国で実施し、オープンデータの取組に結びつけるところまで継続的に支援を実施しています。

スクリーンショット 2018-11-15 12.51.20.png

出所:第6回 官民データ活用推進基本計画実行委員会 オープンデータワーキンググループ

オープンデータ実施に向けた流れは、オープンデータリーダ育成研修など、以下のとおりとなります。

スクリーンショット 2018-11-15 12.55.17.png

出所:第6回 官民データ活用推進基本計画実行委員会 オープンデータワーキンググループ

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する