オルタナティブ・ブログ > 『ビジネス2.0』の視点 >

ICT、クラウドコンピューティングをビジネスそして日本の力に!

G20のIoTのデベロップメント・オポチュニティ・インデックスランキング、米国が1位で日本は5位に IDC 調査

»

米調査会社のIDCは2016年11月2日、G20のIoTのデベロップメント・オポチュニティ・インデックスランキングを公表しました。

IDC Launches Updated G20 Internet of Things Development Opportunity Index Ranking

prUS41888616-F-1.jpg

本インデックスは、インデックスはIoTの持続可能な開発のためにIDCが必要と考える各国の経済規模、技術的準備、IoTに関連する効率ソリューションなどの13の基準で構成されています。

米国、韓国、英国は、IoTを創造的に活用し、成果を受ける準備ができている3カ国として、ランク付けされています。

米国は、ビジネスの容易さ、政府の有効性、革新性、クラウドインフラ、GDPと技術支出をGDPのパーセンテージなどの指標で評価されています。

韓国はIoTの支出を大幅に上回り、革新を促進し、魅力的な投資機会を促進するビジネス環境を整備しています。英国は、ビジネスの容易さ、政府の有効性、規制の質、スタートアップ手続き、イノベーション、およびブロードバンド普及率で高く評価されています。

日本に関しては、特に解説はされていませんが、IDCの調査からは、G20においては、比較的進んでいる国とはとらえることができるでしょう。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する