オルタナティブ・ブログ > 『ビジネス2.0』の視点 >

ICT、クラウドコンピューティングをビジネスそして日本の力に!

ビジネスパーソンが本を書くということ

»


先日、クラウド関係者が集まる忘年会があり、各参加者が5分程度発表する場がありました。

私自身は5分間いただいた時間で「みんなでクラウドの本を書こう!!」というテーマでお話をさせていただきました。お話をした後、何人かの方から本を書いてみたいというお話をいただき、出版社の方をご紹介させていただきました。

私自身、幸運にもこれまで単著としては2冊の本を出版させていただきました。本を出版することで本当に多くの経験をさせていただきました。

本を書くためには、様々な方々からお話をお伺いし、様々なことをインプットし、出版社をはじめ様々な方々の協力を仰ぎ、多くの時間を費やし、そして、ようやく出版にこぎつけることができます。

出版することは、決して楽な道ではありません。出版社や編集者の方に認めていただき、そして、読者の方が本を買う価値のある内容にしていかなければなりません。書籍のテーマや文章構成、読者層の想定とレベル設定など、考えるべきことは山ほどあります。幾度と無く修正が必要とされることもあるでしょう。

ビジネスパーソンの場合、日々忙しい仕事の中で、書籍を書く時間をとるのはかなりつらいことだと思います。理由をつけて、書くのを諦めてしまう人も多いことでしょう。

でも、だからこそ、ビジネスパーソンは本を書くべきであると考えています。

本を出すということは、その分野や業界に対しての貢献であり、自分自身の取り巻く環境を大きく変化させ、自分自身を成長させる大きなきっかけとなるでしょう。

ビジネスパーソンが本を書くということ。それぞれ、いろんな壁があると思います。だからこそ、得るものは大きいと思います。一生に一度の人生、ぜひ本を書くことに挑戦していくことをお勧めします。私自身、3冊、4冊目とこれからも本に挑戦していきたいと考えています。

 

 

担当キュレーター「わんとぴ
OneTopi「クラウド」@cloud_1topi(クラウド)  OneTopi「情報通信政策」@ict_1topi(情報通信政策)
OneTopi「電子書籍」@ebook_1topi(電子書籍) OneTopi「モバイル」@mobile_1topi(モバイル)
OneTopi「SmartTV」@smarttv_1topi(スマートテレビ) OneTopi「地域活性化」@localict_1tp(地域活性化)
OneTopi「スマートシティ」@smartcity_1tp(スマートシティ)

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する