オルタナティブ・ブログ > 『ビジネス2.0』の視点 >

ICT、クラウドコンピューティングをビジネスそして日本の力に!

忙しがるのは二流の証拠。優秀な人は猛スピードで静かに動く。

»

以前、ツイッターでもご紹介させていただいたのですが、ある本を読んだときに心に残った言葉があります。

忙しがるのは二流の証拠。優秀な人は猛スピードで静かに動く。

自分自身、この言葉は常に意識をしており、仕事やプライベートなどを含めて、いつも忙しくならないように時間のスケジュール調整をするようにし、できるだけ、そういう素振りは見せないように心がけています。いつも忙しそうにしていれば(場合により仕事ができる人と思われる場合もありますが)、社内外から依頼される機会は少なくなっていくことでしょう。

自分自身入社をしてから(真面目に仕事をしていなかったのかもしれませんが)、一ヶ月の時間外の時間が40時間を超えたことがありません。特にここ数年は、仕事の忙しさをなるべく意識的に押さえ、社外との接点を多くするようにしています。

猛スピードで静かに動くということは、相当な経験とスキルが必要だと思います。限られた時間の中で、いかに多くの業務を正しく処理できるか、様々なノウハウが必要とされると思います。ここは、永遠のテーマで、電気自動車のようにアクセルを踏み込んでも、エンジン音が出ないで静かに加速し結果を出す、そんな構造にしておくことが大切なのかもしれません。

 

masayukihayashiをフォローしましょう 

※「わんとぴ」キュレーター担当しています

OneTopi「地域活性化」@localict_1tp(地域活性化) OneTopi「クラウド」@cloud_1topi(クラウド)OneTopi「電子書籍」@ebook_1topi(電子書籍)

OneTopi「情報通信政策」@ict_1topi(情報通信政策)OneTopi「モバイル」@mobile_1topi(モバイル)

OneTopi「スマートシティ」@smartcity_1tp(スマートシティ) OneTopi「SmartTV」@smarttv_1topi(スマートテレビ)

Comment(1)

コメント

猛スピードであたふた動いてます。(汗

コメントを投稿する