オルタナティブ・ブログ > 『ビジネス2.0』の視点 >

ICT、クラウドコンピューティングをビジネスそして日本の力に!

トカラ皆既日食ライブ中継プロジェクト

»

最近、様々なメディアで特集が組まれたりしていますが、7月22日に、46年ぶりの皆既日食を観測することができます。中でも鹿児島県・トカラ列島などの島々では、既日食を6分前後観測することができ、注目を集めています。トカラ列島では、水等のインフラ確保が難しく観光客も制限されており、実際に足を運ぶことはなかなか難しいかもしれません。そこで注目されるのは、ネットの活用です。下記のとおり、「2009トカラ皆既日食ライブ中継プロジェクト」が実施されるようです。

 

皆既日食を鹿児島県十島村3箇所(中之島、悪石島、宝島)からハイビジョンカメラで撮影した最大1Mbpsの高品質な映像同時三元生中継。そして、配信はP2P技術を利用し、安定した皆既日食のライブ映像を視聴できるようです。皆既日食はネットを使ってリアルタイムで楽しむということもおもしろい試みかもしれません。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する