オルタナティブ・ブログ > 『ビジネス2.0』の視点 >

ICT、クラウドコンピューティングをビジネスそして日本の力に!

T-01Aを購入しました

»

ドコモの「T-01A」が6月20日に発売されましたが、発売日当日に地元のヤマダ電機LABI高崎本店で購入してきました。国内でも大規模な量販店なので、「T-01A」の在庫は多いのだろうと思いきや、ブラックとシルバーがそれぞれ1台づつしか置いていませんでした。東京のビックカメラ有楽町店では、「T-01A」が数十台ぐらいずらっと並び、多くの人が関心をもっていたのと比べると東京と地方では反響に大きな違いがあるように感じます。

購入価格は端末購入サポートを使えば、3万円前半の価格で購入することができます。私はヤマダのポイントとドコモのポイントを使うことによって1万円ちょっとで購入することができました。2年間Bizホーダイダブルを契約し、買い替えをすると違約金が生じる等の制約があるものの、その他の携帯の多くが5万円~6万円台で販売されているのと比べると、購入しやすい価格ではないかと思います。

NEC_0434

最後の最後までブラックかシルバーか迷ったのですが、ブラックにすることにしました。一瞬iPhoneと間違ってしまうかもしれません(家内もiPhoneだと思ったそうです)。専用のシリコンケースとセットですると心配していた傷もつきにくく、なかなかしっくりきています。動作環境もデモ機だと若干遅いという印象を持ったのですが、実機はかなりサクサク動きました。これまで利用していたパケホーダイは、月の途中解約でも日割り計算が聞かないので、次の月からBizホーダイダブルを適用させることとしました。そのため、自宅では無線LANに接続し、ネットにアクセスしました。

非常に良かったと思ったのは、やはりディスプレイの大きさです。VAIO Type Pにかなり近い快適さでWebサイトにアクセスすることができます。さらに、起動時間と動作が速いので、外出先では情報収集でかなり重宝できることになりでしょう。Google Mapもインストールして利用してみましたが、大きな画面で地図を見ることができるのは、かなり快適です。全体的にWebによるアプリケーションの利用は合格点です。

不満を感じた点はユーザインターフェイスがiPhoneやアンドロイドケータイと比べるとまだまだという感じがします。Windows MobileやKinoma Play等違ったつくりの画面は少々違和感がありました。ただ、使い方に慣れればそれほど、問題ないでしょう。それから、USBにつなぐとネットが利用できないという点は少々痛いです。(無線LANにつなぐ限りでは大丈夫でしたが・・)。そして、最大のネックはiモードメールの利用です。「T-01A」と自宅のパソコン両方ともiモード.netにアクセスできるよう設定しましたが、オンタイムでの反応が求められるメールだと少々辛いという印象はやはり否めません。私自身はそれほど多くiモードメールを使っているわけではないのですが、家族とのやりとり等については何らかの改善策を考えていく必要がありそうです。

ざっと、満足と不満足な点をざっとあげてみましたが、全体的には満足度が高く、通常の携帯よりも楽しさを感じる端末というのを実感しています。

また、いろいろ試して、ブログ等で紹介していきたいと思います。

Comment(2)

コメント

小野 有紀

ご無沙汰しています。
久々の社会復帰です。
T-01、うらやましいですねぇ。
docomo派のボクにとって「購買意欲が湧く機種」ですね。
ただiモードメールのやりとりが非常に多いので、そこだけがネックです。
改善状況などのレポート、楽しみにしております。

小野さん
コメントどうもありがとうございます。
T-01Aのネタはアクセス数も多く関心の高さが伺えますのでこれからもレポートしていきたいと思っています。

コメントを投稿する