オルタナティブ・ブログ > 『ビジネス2.0』の視点 >

ICT、クラウドコンピューティングをビジネスそして日本の力に!

あなたの“検索力”どのくらいですか?

»

インターネットで情報収集をする際に、ポータルサイトからアクセスするケースもありますが、検索ポータルサイトを利用して情報を検索する比率が高まってきました。

 
ちょっとおもしろいデータがありました。

926日、インターネットコム株式会社と JR 東海エクスプレスリサーチが行った「検索ポータルサイトにおける情報収集力」に関する調査の中で、“検索力”を5段階で自己評価してもらったところ、

 

  • 「まあ良い」が62.7%(197人)
  • 「非常に良い」が19.4%(61人)

  と約8割がプラスの評価をし、

 

  • 「あまり良くない」が2.5%(8人)

 とマイナスの評価を下したのはわずかでした。

 

そして、どのくらいの頻度でほしい情報が見つかるかに関しては、

  • 「だいたい見つかる」が82.8%(260人)
  • 「毎回見つかる」14.6%(46人)

 合計で実に97.4%が検索結果に満足しているようです。

 
つまり、多くの人は自分の“検索力”に満足し、自分のほしい情報にたどりつけているということになります。

 

個人的には、多くの人は“検索”にかなり楽観的なような気がしています。検索結果によっては、自分の業務において判断を誤やまってしまう可能性もあり、もっと検索力をつければ新たな発見に出会えることもあると思います。現状に満足せず、もっともっと自分自身の“検索力”鍛えていこうという意識が高まっていっていけばと感じています。


Comment(2)

コメント

戸川 リュウジ

こんにちわ

>検索結果によっては、自分の業務において判断を誤やまってしまう可能性もあり、もっと検索力をつければ新たな発見に出会えることもあると思います。

僕も普段から、検索サービスに頼って情報を仕入れています。個人的にもまぁ満足、といった感じです。機械はうまいことKEYWORDを拾ってヒントをくれますが、最終的には僕自身の情報を読み取る能力が必要になります。でも検索サービスの多様化のおかげで様々な角度から調べる癖がつき、これは普段の生活にも考え方の点で役に立っています。
 どうだ人間様の検索能力にはかなうまい。検索サービスよ、かかってこんかい。

戸川さん
コメントどうもありがとうございます。
>検索サービスの多様化のおかげで様々な
>角度から調べる癖がつき、これは普段の
>生活にも考え方の点で役に立っています。
検索のノウハウいろいろ身につけられているようですね。
検索力を生活にも生かしているという観点おもしろいと思います。

コメントを投稿する