オルタナティブ・ブログ > 『ビジネス2.0』の視点 >

ICT、クラウドコンピューティングをビジネスそして日本の力に!

企業がTwitterをマーケティングに活用する時代?

»

企業がTwitterをマーケティングに活用する時代がきているようです。

先月の531日にMazdaが「Mazda ロータリー40周年記念サイト」にTwitterの利用を開始しました。MazdaRotary Twitterアドレスは、http://twitter.com/mazdarotary です。「ロータリーエンジン40周年記念ブログパーツを期間限定配布中!」にはブログパーツを配布するとともに、Twitterへのコメント転載を開始し、Twitterの積極的利用を促しています。

昨年、日産自動車が「TIIDA BLOG」を立ち上げ、クチコミマーケティングを活用し、注目を浴びましたが、自動車メーカをはじめとした企業のクチコミマーケティングの動きは手法を変えつつ今後も活発化していきそうです。


一方、Twitterをマーケティングとして活用するツールも出てきています。Twitttermentというツールは、世界中のTwitterのコメントを様々な角度から分析をすることができます。日本ではブログの分析ツールにあたるkizasi.jpTechnorati (テクノラティ)にあたります。

 
Twitterment
の主な2つの機能は

Twitterment Search 
キーワードを検索するとどういう評判なのかを知ることができます。また、地図と連携しどこの地域でコメントが多いのかもわかります。

Twitterment Compare 
2つキーワードを同時に検索し、その出現頻度を比較することができます。

 
参考に「
Twitterment Compare」を使って「toyota」と「nissan」を検索してみましょう。(2007.6.11現在の数値)

Hourtrends_2

Dailytrends_2


















世界規模で見ると、トヨタが日産を少しリードしているようです。特にグローバル展開している企業はTwitttermentを使い、地域別の評判の動向とライバル企業との露出度比較をチェックすることにより、今後の世界戦略のヒントがもしかしたら見えてくるのかもしれません。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する