オルタナティブ・ブログ > 海外速報部ログ >

海外記事、ブログ、記事にならない情報について、ITmedia エンタープライズ海外記事担当から一言

Gmailもまだまだ勘違いする(だからときどきスパムフォルダを見ないと)

»

Gmailというか、Inboxをメインで使ってます。

気に入ってる機能の1つは「Purchases」ラベル。アマゾンとかiTunes StoreとかGoogle Playでお買い物したときの確認メールにこのラベルが自動的について、注文受領から(物理的な品物の場合は)発送通知までが1つのスレッドになって製品写真付きで表示されます。gmail.jpg

なのにーなぜー。先週末に母に頼まれた「えごま油」、アマゾンで購入して送付先を母の家にしておいて、「発送されたらまた連絡するねー」と言ったのに、発送通知がこないうちに届いたらしく、母がたまたま在宅だったから良かったですが、びっくりさせちゃいました。

で、InboxのSpamラベルを見てみたら、あるわあるわ、Amazon.co.jpからの「ご注文の確認」メールが3通、Spam判定されていたのでした(電子書籍とかは通知を気にしていないので気づかなかった)。Spamに入ると1カ月で削除されるので、もっとあったかもしれません。

Googleさんはもう大人だし、私との付き合いも長いから大事なメールをSpamにすることはないだろうとなんとなく思ってたんですが、ときどきチェックしないと危ないですね。

そんなわけで、そろそろ使ってみようかと思っていた「Low Priority」ラベル(ショップからのお知らせメールやもう読んでないメルマガなど、全然開かないメールをInboxに表示させなくするラベル)はやっぱり無効にしたまま、読まないメールをせっせとスヌーズすることにしたのでした。他人のGoogleさんには私にとっての優先順位を分かってもらえないかもしれないので。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する