オルタナティブ・ブログ > 海外速報部ログ >

海外記事、ブログ、記事にならない情報について、ITmedia エンタープライズ海外記事担当から一言

iPhone 5cのカラバリがXiaomiのMi 2と同じなのはもちろん偶然ですごめんなさい

»

(タイトルに関連する話は、かなり下の方にあります。)

Nexus 7を掲げる写真でお馴染みの元Android製品管理ディレクター、ヒューゴ・バラさんが中国のXiaomi(シャオミ)に入社したというニュースを、ゴシップ好きな私ってばサーゲイ・ブリンの離婚と関連付けるというお下品なことをしました。

でも、タイミングはどうあれ、ヒューゴさんはずっと前からXiaomiに行くことを決めていたそうです。

この投稿でもちょっと触れましたが、XiaomiにはたくさんGoogle出身者がいます。 ヒューゴさんはGoogle入社当初から、(当時は同僚だった)Xiaomiの社長、リン・ビンさんと知り合いだったと、AllThingsDのインタビューで話しています。


Barra


リン・ビンさんたちがXiaomiを立ち上げてからも、Androidのサードパーティーとしてずっと気にかけ、アドバイスしたりしているうちに、なんとなくうちに来ないか的なことを言われるようになり、若い(LinkeInから推測するに38歳くらい)ヒューゴさんは「一生のうちの一時期をアジアで暮らしてみるのもいいかも。それに、Xiaomiみたいにこれからの会社に参加するのは面白いかも」と思うようになったと語っています。

Nexus 7(2013)とKit Katが手を離れたらGoogleを辞めようと思ってたんですって。なにしろ、XiaomiはAndroid端末メーカーですから、Googleとの関係が悪化したら元も子もないわけで。

ところでXiaomiは「東洋のApple」などと呼ばれることもあり、Webサイトの製品写真もかなりAppleを意識している、と「“スティーブ・ジョブズとくらべないで”とXiaomiのレイ・ジュンCEO」という投稿で書いたんですが、なんというか、これを言うとものすごく一部の人たちから怒られそうなんですが、ええ、偶然ですが、iPhone 5cのカラバリが、ずっと前に発売されたMi 2と同じ。。。ごめんなさいごめんなさい(下図の左がiPhone 5c、右がMi 2)。

Xiaomi


Mi 2は約3万円で、iPhone 5cは約7万円です。スペック的にはカメラやストレージは同等で、RAMはMi 2の方が倍、プロセッサも1.7GHzで上です。実際の使い勝手が違う、というのはあるでしょうけれど、これでは中国の人がiPhone 5cを「高過ぎ!」と言うのも無理はありません。

Xiaomiは先日「Mi 3」を発表していて、これは全然似てないのでよかったですね(誰に言ってる?)。

まあとにかく、Xiaomiは今、とても勢いのある会社なわけです(無理やりな話の展開)。

でもXiaomiの社員のほとんどは中国人。多分、CEOは英語はあまり話せないじゃないかと思います。なので、ヒューゴさんはただいま中国語の猛勉強中。ブラジル出身の彼にとってはポルトガル語がネイティブ。英語、スペイン語、フランス語を使いこなすんですから、難しい中国語もマスターできるでしょう。

Comment(2)

コメント

TETSU

まぁカラバリは昔からいろいろあったし(ipodでも沢山あるし、iMacでもあったことだし)目新しいさはないけどね。

Xiaomiは値段も安く、製品もよさそう?特に見た目はね。
ネット注文のみにして中間を省いて、生産ロットも絞って無駄をなくす戦略(もっと秘密がありそう?)のようですが、これでどこまでの規模まで出来るのか・・・安く手に入る部品がある間はやっていけそうな感じもしますが

>TETSUさま

ハードウェアではほとんど利益は出ないそうです。Amazonと同じように、端末はその上で動くサービス(こちらで利益を出す)の乗り物として売っているとCEOが言ってました。なので、(新興国市場はいいにしても)米国進出は結構むずかしいかもしれません。

コメントを投稿する