オルタナティブ・ブログ > 海外速報部ログ >

海外記事、ブログ、記事にならない情報について、ITmedia エンタープライズ海外記事担当から一言

Facebookの映画「The Social Network」はどろどろ人間ドラマ?

»

Yu_facebook

 Facebookの興亡(じゃなかった、まだ亡してないから)を描いた書籍「The Accidental Billionaires」が7月14日に出版されます。Amazonでそのレビューを写真入りで掲載しているのは、この書籍の映画化でプロデューサーに名を連ねている俳優のケビン・スペイシー(映画はまだ台本をつめてるような段階みたいです)。AmazonではKindle版(9.99ドル)より安い8.5ドルでハードカバーを予約販売するという力の入れよう。

 書籍は「ラス・ヴェガスをブッつぶせ!」(映画は日本では「ラスベガスをぶっつぶせ」というタイトルで公開)を書いたベン・メズリックだし、映画版の「The Social Network」の監督はデヴィッド・フィンチャーだしで両方とも大ヒットしそうですが、原作のサブタイトル(A Tale of Sex, Money, Genius and Betrayal)にもあるように、どろどろごちゃごちゃした人間ドラマになっていそうです。

 ニュースを通じてしか知りませんが、どうもマーク・ザッカーバーグCEOはキャラ的に悪役っぽく、楽しい映画にはならなそうな気がします。映画情報サイトの「FIRSTSHOWING.NET」に台本について書かれていますが、このブログでも何度か取り上げているイケメン起業家でNapsterの共同創設者、ショーン・パーカー様が悪役で登場する模様。この記事を読むかぎり、すごく性格悪そうです。ファンなのに(しょんぼり)。

 ザッカーバーグ役は「トランスフォーマー」で主役を演じたシャイア・ラブーフになるらしいですが、これは雰囲気ぴったりかも。パーカー役は誰なんだろう、気になります。でもまあ、日本ではFacebook自体がマイナーなので、映画は公開されないかもですね。

関連リンク
Facebookのすっきりしない謝罪ブログ
Napster、Facebookに続く「愛の」プロジェクト

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する