オルタナティブ・ブログ > Allegro Barbaro >

開発ツールビジネスの再生に格闘。マーケティングの視点で解説

あの頃のマーケティングの後継者は?

»

「昔はよかった」というようになっては... というものの、どうしても解せないことがあります。その昔、自分がマーケティングの新人で右も左も分からない頃、たしかに世の中にはプロダクトマーケなマーケティングのプロがいっぱいいました。

当時のボーランドはもちろん、パートナー、競合他社、ソフトウェア業界のありとあらゆるところに製品を良く知って、しゃべれて、デモができて、裏方もしっかりこなすプロフェッショナルがいました。それがいつの頃からか、外資系マーケティングは本社主導の中央集権に変わり、ローカルのマーケティングはイベントを仕切ったり、外注企画をマネージするのが中心になってきました。

しかし、技術とマーケットの間に立って、難しいことを分かりやすく伝えたり、単なる技術素材を意味のあるつながりとして提示したりすることは、技術を売っていく上では大変重要なことだと思います。それをないがしろにして、翻訳語のホワイトペーパーなんか渡されても、なんか全然カラダには伝わってきません。

今、厳しい経済状況の中で、本質的な部分を切り捨てずに、限られた予算でマーケティングを継続していくことが方々で求められていると思います。そんな状況では、実際、昔のなんでもこなすマーケのほうが何十倍も活躍できそうです。

でも、最近そういう人に接することが減ってきた気がします。気のせいでしょうか。先日も、その昔、同じような仕事をしてきた古い知人に会って、この話をしました。「なんで、我々の後継者みたいな人が世の中には見当たらないのでしょう。若い世代でプロダクトマーケのプロを目指している人はいないのでしょうか?」

彼曰く。「それは、そういう人が出てこない状況にあるからだと思う。そもそも藤井さんも含め、僕らは技術者からするとちょっと異端で、そういう人がプロダクトマーケに飛びついていた。今は、そういう異端を伸ばしていくゆとりがなくなってるんじゃないだろうか」

うーん。

今のエンバカデロに必要なマーケティングは、マーケティングをマネージするプロではなくて、技術が分かって、それを分かりやすく話せる人です。技術者からするとちょっと異端かもしれないけれど、そのことを長所だと気がついたエンジニアがいれば、ぜひプロダクトマーケのプロを目指してもらいたいと思います(すみません。ちょっとだけ求人の宣伝です)。

もちろん、エンバカデロのため、というだけでなく、業界全体として、こういった人材が育ってくれば、健全で活力が出てくるに違いありません。

Comment(4)

コメント

初コメントです。
大変興味深いエントリーでした。

私の周りでも分野は違いますが似たような話をよく聞きますし、実際に私も間を繋ぐ役割を仰せつかったこともあります。

ゆとりがないのもあるでしょうが、私は仕事に対する好奇心が薄れてきてしまっているのも要因のように思います。

的外れなコメントでしたら申し訳ありません。

C++が好き

ははは、技術が難しくなりすぎたのですよ。
pascalとC,C++で済んでたのが、+JAVA,Ruby,PHPぢゃあねえ。技術の進歩とともに歩んできた人にとっては何でもないことでも新しく入ってくる人には巨大な壁。

waka

藤井さん

Blogをずっと拝見させていただいております。
(そして、初コメントです)

藤井さんがお書きの内容、とーーーても同感でございます。

私は2000年頃から販促に従事しております。
その当時は、藤井さんが仰るような、ユーザ事情にも通じていて、デモを交えたプレゼンが上手で、はたまた最新の技術にもお詳しいマーケターがいらっしゃいました。

しかし、最近はそんな名物マーケター的な
方をお見かけする事はトンとなくなりました。

やっぱり、技術が難しくなった事と、
会社とのコミットメントやマーケティングKPIをキチンと求められる事が一因かなーと思います。

「広く浅く」より「狭く深く」が求められているのかな?と思ったりします。専門性・・・でしょうか。

なので、いまだに、やんちゃな(失礼!)香りを漂わせている藤井さんからは目が離せません。

これからもご活躍をお祈りしております。

皆さん、コメントありがとうございます。
やはり技術が要因なのでしょうか。でも、逆に技術が複雑になりすぎているのであれば、かえって、全体像をわかりやすく説明する人が必要なんですけどね。
仕事に対する好奇心ということでは、中央集権化で、ローカルのそういう人材を大事にしない風潮がそうさせたようにも思います。これは本当に残念でなりません。また、分からないに果敢に挑んでいく気概も大事なんだと思っています。

コメントを投稿する