オルタナティブ・ブログ > Yield of Adaptive Intelligence >

アカデミックのロジックとビジネスの英知から価値をつくる

»

【ご案内】 国際標準化から見るIndustrie4.0 勉強会

最近になって、スマート工場といった切り口から話題になってきているIndustrie4.0ですが、構成メンバーを見てみると、SAP、Siemens、TRUMPF、BECKHOFFに加えて、BOSCH、BMW、Daimlerといった自動車関係、大学側からは、自動車工学、情報工学、人工知能、レギュラトリー・サイエンス、人材教育、労働環境関係など、さまに「インダストリー」全体を包括するものになっています。
その意味で、技術問題に加え、国際標準化プロセスや人材開発などといった「文系」的なお話もそうとう重要なものと言えます。

この度、横浜国立大学経営学系の研究者と共同で、「Industrie4.0のベンチマークと日本の課題」といったプロジェクトを行います。当然、技術面もきっちり押さえますが、「国際標準化」という文系目線についても考えたいと思っています。

8月21日午後開催と急な話ですが、席も若干余っています。ご興味のある方、ご連絡下さい。
場所は、南青山です。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する