オルタナティブ・ブログ > マリコ駆ける! >

翻訳・WEB・キャリアを極める?楽しく正しく新しい会社経営&オリンピックへの道?

やる気と才能:無いのはどっち?

»

週刊文春の一コマ漫画である「おんなの窓」は面白い。お気に入りのネタは、漫画家である伊藤理佐が、編集担当から催促の電話で「どっちが無いの?やる気?才能?」と怒られ、思わず「や、「やる気」のほうでお願いします」と答えるシーンだ。
(伊藤理佐の実体験をヒントに作られているそうだ)

う~ん、ぐうの音も出ない、うまい叱り文句だなぁ。

私が同じ質問をされても、やっぱり「やる気のほうでお願いします」と言いそう^^;
「あふれるばかりの才能」があると思っているわけではないが、「才能」を否定されるのは立場上つらいものがある。「会社の経営をする才能もないのに、社長なんてやるなよ!」となってしまうから。

ところで、上司が「やる気」という言葉を使う時は、「才能がなくたって出来ること」が出来ない時に使う言葉だと私は思っている。

・あいさつの声が小さい
   大きな声を出すくらい、やる気になれば誰でも出来ることだろう!
・同じケアレスミスが続く
   1度ならまだしも、何度もするのは、やる気がない証拠だ!

上司の立場で気をつけなければいけないことは、自分にとっては「誰にでも出来る簡単なことで「やる気」だけの問題だ」と思っていることでも、実はそれは能力だったりスキルだったり経験が足りないせいで部下が出来ないことが多いことだ。

大きな声を出すということは、普段大きな声を出すことが無い人にとっては大変なことだ。
他人から見ればケアレスミスでも、当人にとっては「ケアレス」の範疇ではなく、よくやっているミスで、なかなか直せないものなのかもしれない。

「こんな簡単なことなのに出来ないのか」と思うと、つい「やる気」の問題にしがちだが、たいていの場合は違う。
出来ない真の理由を一緒に見つけ出すことが上司の付加価値と反省することが多い。

それでも、やっぱり「出来ないのはやる気のせいだ」と思う時は「どっちが無いの?やる気?才能?」と聞くのがよさそう(笑)

Comment(3)

コメント

TBありがとうございます。
う~ん、凄い突っ込みですねぇ。確かに、その通りかも知れません。<能力、スキル・・・
具体的な顔を思い浮かんでしまうのは、僕だけでしょうか。。。

himat

私なら「能力」と答える。或いは「お金」とか・・・・。
能力とか才能は補完する方法があるけど、「やる気」だけは補完しようがないですからねー。
しかも、モチベーションが下がっているときにこういった質問をすると、ますますモチベーションが下がって、
たれぱんだ状態で潰れちゃったりもするし。
受ける方も、能力とか才能ならば対処の方法は有るし、まぁ、苦笑いするしかないのだけれど、「やる気が無い」なんて短気な相手に言おうものなら、「あっそ、もう頼まねぇ」と切られるのがオチです。
少なくとも私なら静かに穏やかにばっさりと(^_^)。
この質問、究極の選択のように見えて、その実、「才能」はプライドが邪魔して答え辛いだけ、「やる気」は決して答えてはならない地雷、こういった質問には第3の選択肢なり、相手が選ばないだろうと与えた選択肢で気勢を削ぐか、補完しろ(能力なり時間なり)と要求を突き返すに限る。
上に立つ方もこんな質問しちゃいけません、「どうしたの?進んでる?」(何故出来ない、は決して付けてはなりませぬ)と相手に進捗説明させるか、「やめたい?」と質問形でstop予告を突きつけた方が効くと思いますよ。
目の前に人参をぶら下げつつ、お尻に剣山をちらつかせれば大抵前に進むと思います。
稀に後退して討ち死にを選ぶものも居りますが(^^;。

ookiさん
こんなツッコミをするクライアントがいたら、永久に頭があがらなさそうで^^;

himatさん
自分のプライドをどこに置くかで選ぶ選択肢が違うようですね。どのみち、このツッコミは、よっぽど信頼関係がないと(または絶対的な権力がないと)言えませんね。
>目の前に人参をぶら下げつつ、お尻に剣山をちらつかせれば大抵前に進むと思います。
そういうことが出来るようになりたいとは思いますが・・・う~ん。

コメントを投稿する