オルタナティブ・ブログ > Mostly Harmless >

IT技術についてのトレンドや、ベンダーの戦略についての考察などを書いていきます。

Wintelを見限ったIBM

»

先週届いた日経コンピュータ (2014.10.2) の「乱反射」というコラムに、IBMがx86サーバーと決別し、顧客をPower8機とクラウドへ誘導しているという話が載っています。今後は、これまでIBMが販売したx86サーバーを、Power8/Linuxサーバーに置き換えていく方針ということです。これを読んで今更ながら気づいたのが、クラウド時代はOSだけでなくプロセッサへの依存も無くなるのだな、ということでした。

2004年にIBMがPC事業の売却を発表したときには、WindowsPCはコモディティ化が進んでいるのでこれ以上続けても利益が出ないからなんだろうな、と思っていましたが、その後スマホやタブレットの出現でWindwosPCはますます苦しい立場に置かれており、結果としてこのタイミングでの売却はIBMにとって良かったのでしょう。

しかし、x86サーバー事業はそのまま持っていました。それをPCと同じくレノボへの売却を発表したのが今年(2014年)の初めです。10月1日から正式に事業が移管されました。

冒頭のコラムは、このサーバー事業の売却はPC事業の売却よりも大きな意味を持っていたのだな、と気づかせてくれました。どういうことかというと、今回のサーバー事業売却では、IBMはIntelとWindowsの両方を見限った、ということではないかと思うのです。PC事業売却の時点では、IntelもWindowsも捨てていません。ただ単に利益の出なくなったハードウェア事業を売却した、ということだったのではないか。

IBMはx86サーバー売却の発表の後、Power8という最新のマイクロプロセッサを発表し、それを搭載したサーバーを今後拡販していくと言っています。GoogleがPower8を使ったサーバーを採用することもあわせて発表されました。つまり、もうx86を使ったサーバーを扱うメリットは無くなったので、自社プロセッサを前面に押し出しますよ、ということですよね。

これは、Windowsが失速したことが大きいでしょう。Windowsは一部の例外を除いてx86以外では動作しませんから、Windowsが企業システムの中で重要な位置を占めている間はx86サーバーを捨てることはできませんでした。しかし、今はプロセッサやOSに依存しないクラウド化が進み、Windowsで無くても良くなった、それなら自社製のプロセッサにLinuxを載せて、それをプラットフォームにすれば良いではないか、ということなのかと思います。自社製品で固める方が開発はやりやすいですし、コストも低くなります。差別化はしやすくなるでしょう。

自社でプロセッサを持っていない企業 (IBM以外のほとんどの企業ですね) にとっては、今後もx86は第一の選択肢となっていくでしょうが、Power8やARMとの競争は激しくなるでしょう。Power8は人工知能や機械学習に向いたアーキテクチャとなっているようですし、ARMは省電力という特徴があります。Windowsを独占していたIntelが、そのアドバンテージが薄れた後にどのような方向性を打ち出してくるのか、注目です。

また、今後 IoT 時代になると、さらに小型・省電力のプロセッサが必要とされるようになります。単価は安いでしょうが、数量は何桁も違うことになりますから、かなり大きなマーケットです。このマーケットを狙った動きもいろいろ出てきていますから、今後はこちらも要注意ですね。

Comment(2)

コメント

TETSU

クラウド(特に仮想化)の影響が大きいでしょうね。
WindowsとIntelの組み合わせで、レガシーアプリが動くことが必須だった時代からやっと解放されたとwww

Intelのx86も過去の資産を引き継ぎ為に、無茶な拡張を何度も繰り返してきて・・さすがに無理になってきたかな?でも過去にも何度も似たようなことを言われてきて、それを覆してきたからねIntelは。
ただ今回の流れは、競争原理が変化もあるからなぁ(性能から省電力へなど)
でも大量生産とプロセス技術はまだ十分競争力あるからね。
ARMもIntelが製造するようになる可能性もあるし(ARMは過去に製造してたし、ライセンスも持っているはず)今は値段的にやらないと思うが、サーバー向けに高価格のARMプロセッサが売れるようになればIntelが製造してもおかしくはないかな。

大越

そうなんです。Intelって世界最先端の半導体製造企業でもあるんですよね。14nmでARM作ったら、ものすごい省電力プロセッサができそうです。(仰るとおり、高くなるでしょうけど)

コメントを投稿する