オルタナティブ・ブログ > 吉政忠志のベンチャービジネス千里眼 >

IT業界でベンチャービジネスの支援をしている執筆者が日々の活動ログと感じたことを、徒然なるままに書き綴っていきます。

RPAコラム「組織のあらゆるレベルのニーズに対応するコンテンツIQとは」

»

RPAコラム「組織のあらゆるレベルのニーズに対応するコンテンツIQとは」が日商エレクトロニクスで公開されました。

野田貴子氏執筆、私監修という感じです。興味がある方はご覧ください。

###
コンテンツがすべてのビジネスプロセスや活動の中心であるとして、企業組織は非構造化コンテンツ(文書、電子メールコミュニケーション、画像、テキスト)に書かれている意味を解釈し、自由に扱うことができる技術を求めて限界を押し上げ続けています。コンテンツ内に閉じ込められているデータには、顧客サービスの向上、契約の増加、業務の強化、収益機会の見極めに不可欠な情報が含まれています。コンテンツの役割を理解することは、業務改善やユーザーの生産性向上と同じ様に重要です。

情報はモバイル端末、電子メール、スキャナ、FAXなどのさまざまな方法で受信されるため、どこから来た情報であるかに関わらず、そのコンテンツをプロセスやシステムに提供できる形の情報に変換する必要があります。これを達成するために、企業は紙の書類をデジタル化し、分類し、そしてデータを抽出するためにキャプチャ技術を使用してきました。通常これは中央に配置され、高度に訓練されたキャプチャの専門家によって管理されていました。しかし、企業がOCRや機械学習などのAI技術を消費利用する方法は急速に発展しています。

(この続きは以下をご覧ください)
https://erp-jirei.jp/archives/2420

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する