オルタナティブ・ブログ > 一般システムエンジニアの刻苦勉励 >

身の周りのおもしろおかしい事を探す日々。ITを中心に。

ブログを長く休むと考えがドロドロして固まってしまうように感じる

»

しばらくブログをお休みしていました。休んだ原因、それは。

先日我が家に新しい家族がやって参りました。父親業も頑張ってまいります。

今日電車に乗っていたところ、ベビーカーに2歳くらいの赤ちゃんを乗せた女性を見かけました。子どもがお気に入りのおもちゃを落としてしまったようで、かなり大きな声で泣いています。満員でこそありませんが、一部感じ悪いムードが漂っています。

でもみんなが黙っていると感じ悪いような空気になってしまいますが、実はそんなことないんですよね。自分は上の子が泣いていた子よりも大きく、下の子は泣いていた子よりも小さいというところで色々と思い出したり今後を考えたりしていました。

昔はあんな感じで泣きやまなかったよなぁ。最近は泣いてても多少は議論というか言い聞かせることができるもんなぁ。下の子はまだ何言ってるのか全然通じないけれど、いつかあんなふうに泣き止まなくなるんだろうか、と。

そう考えていると、それまで黙って不快そうにしていた周りの人も実はそう不機嫌なわけでなくて、自分の子どもが小さかったときのことを思い出したり、すっかり大きくなってしまった子どもがいつ孫の顔を見せてくれるか考えたり、実は心の中を暖めているのかもしれません。

自分の境遇の変化が考え方や感じ方を変えることをくっきりと感じた朝の通勤時間でした。お休み中に強く印象に残ったことはこんな事柄です。

産院の待合室で見かけた、妻の出産の付き添いにやってきたらしき父親と思われる人物。「今夜いっぱいはかかりそうでして…(略)…大変ご迷惑をおかけして申し訳ありませんが…(略)…明日の午後には出社いたしますので…(略)…ではメールで…(略)…」自分の子どもが生まれるのに「ご迷惑」ってどんな仕事しているんだろう。録画してその子が大きくなったら見せてあげたい光景だった。いや、そのまま奥さんに生中継してあげるべきだろうか。

情報処理技術者試験の仕分け。公的性質を強めていき近い将来は一部区分で独占資格になるかと思っていた自分は甘かった。

告発なのか情報漏洩なのかわからないいくつかのできごと。情報というのは道具なわけだから、サバイバル時にはハサミで缶詰を空けるように「発信」でなくて「漏洩」というオプションもあっていいように思う。

そんなことを思いつつ、ブログにもtwitterにも書かずにいたのでドロドロしたまま固まってしまったように思います。(ブログを長期お休みしたことある方は共感していただけるかと思いますが)うまく解きほぐせることがありましたらば、また書いてみたいと思います。

Comment(8)

コメント

自分の子供が産まれるのですから、「どうどうとしていようよ!」と言いたい。僕もそういう気持ちである一方、日本の文化というか、「うちのバカ息子が」という言い回しが「常識」とされるところがあり、奥さんが出産で、とはいえ、取引先には「ご迷惑を…」になるのでしょうね。僕はイヤですが、そうなってしまうことを否定はできないところもあります。

四の五の書きましたが、改めておめでとうございます!

大木さん、コメントとありがとうございます。
待合室からではなかったものの、私も「ご迷惑を…」と言わなかったわけではありませんでした。「なんとなくそう言っておくものだろう」という感覚がどこから沸いてくるのか、またなんでそう感じるのか自分のことなのに大きな違和感がありました。自分の子供が大きくなることにはそのへんがスッキリした世の中になってくれていればなぁと思います。
お祝いのお言葉もいただきありがとうございました。

yoheiさん
お子さん生まれておめでとうございます。若かった頃に気になったそういう表現も今は全く気にならなくなりました。だって、ご迷惑を・・・は慣用句でほとんどの人はそんなこと本気に思ってませんから。挨拶代わりにお天気の話をするのと変わりありません。外国語だってその手の慣用句はありますから。
ブログを長くお休みすると・・・はい、私も長く休んでいたのでわかります。そして、なんだかそれを今でも引きずっているのはなぜ?

山口さん、おめでとうございます。
赤ちゃんや子供の泣き声、わたしも気にならない(楽しんでしまう)方です。

出産の付き添いは、上の子のときは土曜日でしたが、下の子のときは、昼休みに病院から電話をもらって、会社を早退しました。そのとき、周囲には「ご迷惑をおかけして」と言ってしまったかも。

山口さん、おめでとうございます
初めての二児のパパ体験、一児のパパとはまた違う何かが見えたり感じられんじゃないかーと思います。そんなアレヤコレヤを、楽しみにしています。

マリコさん、コメントありがとうございます。
外国語にもそういった表現があるんですね。慣用表現といえば、会社で乱発する「お世話になります」ですが医師や看護師には「これからしばらくお世話になります」と本来の意味で心を込めて使うことができました。もちろん出るときは「お世話になりました」と行って参りました。
村山さん、コメントありがとうございます。
ワーク・ライフ・バランスという言葉をよく聞きますが新世代が生まれてこなかったら(移民でも受け入れない限り)成立しない考えですよね。このまま少子化が進んだら50年後くらいには「ご迷惑をおかけして」と言うのではなくて「よろしく頼むぞ」と言われるほうになってしまうかもしれません。
ばんちょ~、コメントありがとうございます。
一人生まれるごとに毒が抜けていくように思います。どこで入ったんだろう。毒。
皆様お祝いの言葉をいただきありがとうございました。

yoheiさん、お子様のご誕生、おめでとうございます。
生活のリズムが変わって、今までと同じことを行うのが難しくなるかもしれません。体調・気分も山あり谷ありだと思いますので、マイペースでいいのではと思います。

eisさん、コメントありがとうございます。
できる限りは家庭のことをするようにして、その中でまたおもしろいことが見つけられればよいかなと考えております。妻もSEですので家庭の中でも意外と情報システム関連の話題が豊富ですが(笑)

コメントを投稿する