オルタナティブ・ブログ > 一般システムエンジニアの刻苦勉励 >

身の周りのおもしろおかしい事を探す日々。ITを中心に。

NHKのサイトから父の動画がDRMなしで配信中

»

先日、新聞デビューを果たしてしまった父ですが、この件と前後してテレビへの出演依頼が来ていました。晴れて出演を果たしました。なんとインターネットで登場シーンを見ることができます。しかもDRMなしで。

IEからはこちらをクリックすると動画が再生されます。(褒められたリンクの仕方ではないですが)
http://www.nhk.or.jp/nagoya/hot/waza02.asx

実の息子のブログということで、ちょっと多めに見てもらってキャプ画像を貼らせていただきます。

父、山口健治、NHKのインタビューを受ける
この観覧車は子供が遊ぶものなので、できるだけ故障の少ないよう考慮されています。NHKの動画を見るとグリングリン回転する様子を見ることができます。

父、山口健治、CADを使いこなす様子
私が小・中・高時代を過ごした部屋は今や父の仕事部屋です。父上、PC2台を並べて使うのはマニアっぽいからやめてください。父が使っているソフトはJW_CADです。かれこれ10年くらい使っているんじゃないかと思います。父の現場にISDNが開通した時、TOTOのサイトから浴槽か洗面所か何かの図面をダウンロードして、建物の図面に取り込んで表示したときはインターネットって便利だなーと思いました。

父が出た番組は4月23日の「ほっとイブニング」です。地元密着型の番組で、キャッチコピーは「~魅せます東海のすべて~」だそうです。東海地方の出身でなければ東海三県のつながりというのもピンと来ないかもしれませんが、わりと愛知、岐阜、三重は仲良くやっていると思います。それもこれも地方局が合体しており、こういった番組を通して情報を共有しているからではないでしょうか。

NHK名古屋放送局 ほっとイブニング
http://www.nhk.or.jp/nagoya/hot/

このページに「東海の技動画コーナー」というのがあります。いつからうちの父が東海地方を代表する技能の持ち主になったのかは知りませんが、三重県出身で愛知に住まいを構え、岐阜県にもちょくちょく工事を監督しに行っていたのであながち間違いでもないかもしれません。その他、東海の技動画はここに集められていくようです。

NHK名古屋放送局 ほっとイブニング 東海の技動画コーナー
http://www.nhk.or.jp/nagoya/hot/toukainowaza.html

さて、これだけだと内輪ネタで終わってしまうので少しだけ考察を。この番組のほかの部分については動画が配信されていないのに、なぜか父を始めとした「東海の技」コーナーの皆さんの動画が配信されています。これってきっとタレントさんなどと違って権利の処理が不要だからなのではないでしょうか。

父は「ネットでも配信される」という話は聞いていたそうで、このサイトのURLをメールで教えてくれました。私の父は芸能人ではありませんので、ネットで何回再生されようが、ローカルに保存されようが困る事はありません。このあたりのところは栗原さんであったり、佐々木さんであったり、MIAUの小寺さんであったりがたびたび話題にされてきたことであるかと思います。

今回、こうして身内の動画がネットに流れたわけですが、特に不安はありません。いわば実名ブログのようなものでしょうか。やるまでは不安だったけれどもやってみると拍子抜けするような感じです。当の父はこれで忙しさが倍増し、明るいうちは作業場で木工を行い、日が暮れてはCADで設計図を引くというサブロク協定に守られない立場の厳しさを実感する生活を送っているようです。子供が遊びに来る土日は余計忙しいので大変です。

なお、取材に来たのはNHK名古屋放送局の辻本瑠美奈キャスターだったそうなのですが、取材に先立って本人から電話が入って事前インタビューがあったそうで、父も気持ちよく取材を受けることができたそうです。ネット配信されている動画にアナウンサーの方が映っていないのは、ネット用にカットしたのか元々そういう編集だったのかわかりません。

話はこれだけに留まらないようです。狭い東海地方のこと、そう潤沢にニュースがあるわけではありませんので、他局からも問い合わせがあったりするようです。既に東海地方の某テレビ局への出演予定が固まったりしているそうで、息子としては自分自身の老後はもう少しのんびり過ごしたいな、と思うのでした。

一般システムエンジニアの刻苦勉励 > 父の記事が朝日新聞(愛知版)に載った
http://blogs.itmedia.co.jp/yohei/2008/03/post-2bad.html

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する