オルタナティブ・ブログ > 一般システムエンジニアの刻苦勉励 >

身の周りのおもしろおかしい事を探す日々。ITを中心に。

人事面談で「子猫ちゃんあげます」状態になる罠

»

人事面談で「どこでも良いので違う部署に行きたいです」と言っていないでしょうか。

3月末が年度末の会社では今頃から来月初にかけて人事面談が行われていることかと思います。一般的には今年の目標と実績をまとめ、反省点を反省し、来年度の目標あたりが主な話題となりますが、あわせて異動に関する希望を言いやすい(もしくは必ず異動希望の有無を申告しなくてはならない)場面でもあります。

そこでよくありがちなのが「どこでも良いので違う部署に行きたいです」という要望です。その根源にあるのは今の仕事から得るものが少なくなってきたので新しい事を覚えたい、という前向きな思いだったり、今の仕事が嫌だからもう離れたいという後ろ向きな思いだったりすると思いますが、どこでも良いと言ってしまうのはあまり良くないことであるように思います。

こういった要望まで素直に受け止めていると会社内に受け入れ先募集中の要請が溢れてしまいそうです。「私は将来セキュリティ専門の技術者になりたいため、その足がかりとして公開鍵認証基盤の運用を行っている●●部に異動したいです」とでも言えればその部の人員配置と相談して決めることもできるでしょう。しかしながら「子猫ちゃんあげます。誰かもらってください。」という状態の人がたくさん出てきても人事部も上司も困ってしまうのではないでしょうか。特に本人がどんな事もやりたいのかが明確でないのに「うちにおいで」ともらってくれるような部署は少ないでしょう。極端に人手が足りていないというような裏事情があるやもしれません。

とは言え、目の前の仕事におもしろみを感じていないということは事実ですので、ぐっと飲み込むことは不自然なことであると思います。そういったときは同期の繋がりや、他の部署に異動していった先輩とのコネを活かしてどこにおもしろそうな話が転がっているか調べてみるのが良さそうです。それでもいまいちピンと来ない場合は上司に「今の仕事がおもしろくありません」と相談してみるという流れではないでしょうか。そうすればひとまずは部署内で配置替えをしてもらえたり、おもしろそうな話が転がっていそうなコンベンションや研修に行かせてもらえることがあるかもしれません。

ただしこの業界にはうつ(鬱)になる方が多いです。そのため、そんなことをカミングアウトしようものなら即座に心の相談110番にコールコールという可能性も否定できません。(しかし鬱が疑われる場合は早めの受診が一番だそうですので間違いではなさそうです。)「おもしろくない」の原因が心の病気である可能性もゼロではありません。自分ではそうと気づかないこともあるでしょうから自己診断せずに専門家の意見を聞いてみるのも一案かと思います。

Comment(2)

コメント

>この業界にはうつ(鬱)になる方が多いです。
その点を勘案すると、あながち「どっか違う部署に配置換えして!」という声を許容するのはありかも知れないですよね。
最近自身が始めた新規ビジネスの現時点教訓として、「被害者意識を否定してしまうとその人はもう一生こちらに心を開いてくれない」というポイントがあり、つい昨年初くらいまでは自分は苦労人との勝手な自負があったんですが(笑)、最近はまだまだ自分はかなり幸せだと反省させられます。
大企業に帰属していればなおさら、うまく表現できないがタイミングも逃すのも嫌なのでとりあえず「どっか違うところで私を拾ってください!」とつい言ってしまう人も多いのではないでしょうか。
ちなみに私も過去一度この発言をして、まさに懲罰人事をくらいました(爆)・・・

トラパパさん、コメントありがとうございます。
そもそも企業側の不手際で相性の悪い部署に配属されてしまったとしたら、チェンジを申し出る事も当然の権利と言えるのかもしれませんね。自分は会社の全体最適化の中でババを引いた被害者だ、なんて思うと卑屈になってしまうこともあるかもしれません。飲み会などで鬱憤をはらしたりもせずにそのまま溜め込んでしまうと怖いですね。
それにしてもトラパパさんでも「どっか違う部署に!」なんて言うんですね。ちょっと安心しました(笑)

コメントを投稿する