オルタナティブ・ブログ > 一般システムエンジニアの刻苦勉励 >

身の周りのおもしろおかしい事を探す日々。ITを中心に。

SEとの会話に向く/向かない話題

»

ビジネスの場で雑談の話題に適さないTOP3は

  • プロ野球
  • 政治
  • 宗教

であると言われます。ビジネスの場での会話だけでなく、
ブログにおいてもこれらの話題には気をつけています。
特に選挙期間中にはうっかり特定の候補者をブログで応援してしまうと
その内容によっては公職選挙法に抵触すると看做されるかもしれません。
何でダメなの? ネットを使った選挙運動

逆に、ビジネスで便利な話題は
「キドニタテカケシ衣食住」であると言われます。

  • キ 季節
  • ド 道楽
  • ニ ニュース
  • タ 旅
  • テ テレビ
  • カ 家庭
  • ケ 健康
  • シ 仕事
  • 衣食住

これらは古くから言われている事で、様々な業界での
最大公約数的な内容であるように思います。
では少し変わった人が多いと言われるシステム業界の人との会話に
向く話題、または向かない話題というのはあるでしょうか。
私の主観バリバリですが、こんな感じだと思います。

<無難な話題>

  • キ 季節 ◎ ……無難。
  • ド 道楽 △ ……趣味が特殊な人が少なくありません。(後述)
  • ニ ニュース ◎ ……無難。
  • タ 旅 ○ ……無難。
  • テ テレビ ○ ……無難。(ほとんど見ない人が若干あり)
  • カ 家庭 △ ……出会いに困っている方が多少おられます。
  • ケ 健康 △ ……健康に不安がある方が多少おられます。
  • シ 仕事 ◎ ……無難。
  • 衣 △ ……無頓着な方も多いです。
  • 食 ◎ ……無難。
  • 住 ○ ……無難。

家庭に関しては、外回りをする機会が少ないのと、産業全体の傾向として
男性の割合が高いということから出会いが無いという声が聞かれます。

健康に関しては、納期前のストレスから体調を崩してしまったりという方が
ちらほらおられます。もちろん年中不健康にしている人ばかりではありません。

衣に関しては、ファッションに敏感な方もそうでない方もおられるのは
他の業界と変わらないと思います。ただし、セキュリティ厳重で部外者が
入ってくる事がないデータセンター内勤務になると、
どうしても「人から見られる」という意識が低くなりがちでオシャレ度が下がり気味です。

そして道楽についてですが、少し特殊な趣味をお持ちの方が多いように思われます。
「そんなことはない」とか「偏見だ」という意見もあるかと思いますが、
IT業界関係者の閲覧が多いはずのITmediaサイト内でも
ガンダム系の記事はランキング上位に入りやすいように思います。
また、同様にIT業界関係者の多いスラッシュドットジャパンでも
鉄道系や無線系の記事は盛り上がりを見せる事が多いように思われます。
婉曲的に言ってみましたが、オタクが少なくないということです。
私自身含めてですが。

趣味が濃いと自認する人は、「ご趣味はなんですか?」と聞かれて
「乗り鉄を少々」などと言うことは少ないと思います。
隠すまではしないが自分からも申告しない、という感じでしょうか。
しかしなにげなく「先日子供にせがまれて東京メトロの車両見学会に行きました」
という話題の振りが相手のストライクゾーンに入ってしまうことがあります。
そうするとSEが備える持ち前の集中力とサービス精神により、
詳細な解説タイムが始まってしまうかもしれません。
聞き手が興味ある内容だと良いのですが、違う場合は少し困ってしまいます。

熱く語られてしまうかもしれない話題といえば鉄道・無線・軍事などが代表的だと思います。
濃い目の趣味と言えば他にも模型・アニメ・プロレスなどいろいろと思い浮かびますが、
それらと比べるとこの3つが好きな人は多いですし、好き度も強めであるように思います。
特に無線は若かりし頃に免許を取ったという方もちらほらおられるようで、
キングオブホビーと呼ばれるほどの裾野の広がりっぷりが伺われます。

他に熱い話題と言えばMacintoshが思い浮かびます。これには
Mac好きな人が熱い思いを語る場合と、Mac嫌いな人が熱い思いを語る場合があるかと思います。
どちらにせよ、なにげなく「パソコン買おうかと思ってるんだけど、Macっていいの?」
と切り出した会話が想像以上に長くなるかもしれません。
私はMacを買った事がないので良いとも悪いとも言うことができません。
しかしMacに対するLoveな思いやHateな思いを長々と聞くことでは
何度か痛い目に遭っているので、Macの話題は相手の好みを見極めてからにしています。

政治・宗教・プロ野球がビジネスの会話に向かないのは
支持政党や支持教派や支持球団に対する思い入れが強いためです。
相手と自分とで支持が異なると、良好な関係に傷をつけるかもしれません。
SEをはじめとして技術系の人間には趣味が濃い目の人が多いですので
Mac好き/嫌いのように好みがわかれやすい趣味については
話題に上がらないようにするのがよいと思います。
逆に同じ趣味、同じ好みで盛り上がれたら意気投合できると思います。

<SEが答えに窮する話題>

SEが聞かれて困る話題はこのあたりかと思います。

  • DVDのコピー方法
  • Winnyの使い方
  • 給料(単価)
  • 合コン
  • 電車男読んだ?
  • 知ってたらでいいんだけど、から始まるデジタル一般の話題

「映画のDVDってコピーできるんだよね?」と聞かれると、
技術的な面と法律的な面とその他に色々と説明することがたくさんあって答えに困ります。

「Winnyって使うだけなら逮捕されないよね?」と聞かれると
「危ないからだめ」以外にも著作権上の問題点など説明すべきなのかなど、答えに悩みます。

(お客様からDVDコピーだとかWinnyだとかについて聞かれたことは一切ありませんが、
プライベートで知り合った人にコンピュータ系の仕事をしているといったところ
これらの質問を受けました。パソコン詳しい=アングラも詳しいという図式があるのでしょうか。)

「単価が○○万円って書いてあるけど、給料はいくらなの?」と聞かれて
正直に話したところお客様に同情された、という話を大学の先輩から聞きました。

「合コン行ってる?」とか「セッティングしてよ」と言われても
システム業界の男女比率は男性多数なので難しい事が多いです。

電車男は読んだ事ありますが、直球で聞かれると
「あなたはまるで電車男のような人ですね」と言われたようで少し傷つきます。

知ってたらでいいんだけど、から始まるシステム開発と近いようでいて
遠い話題群があります。3G携帯、ワンセグ、地上派デジタル、Blu-RayとHD-DVD、
PASMO、コピーワンス、iTunesなどです。
これらは企業向けシステムの開発とは全然関係が無い話題なのですが、
なんとなく「デジタル」のくくりになっているからか、友人知人に質問される機会が多いです。
よく見るとITmediaもエンタープライズは開発系の話題が多いのですが
同じサイト内でITmedia+Dがデジタル家電などのニュースを扱っています。
そういったところからSEは「デジタル系」丸ごと詳しいという認識を
持たれやすいのかもしれません。

SEといっても十人十色ですので、それぞれの人となりによって
得意とする話題、苦手とする話題があります。

  • あまりにも得意すぎる話題になるとつい熱く語り始めるよ
  • コンピュータは詳しいけどワンセグとかは少し分野が違うよ

というエントリでした。

Comment(2)

コメント

ブログに向かない話題・・・・・クライアントに関係するトピックもそうですよね。これが問題で責任を取らされた人もチラホラ・・・

NAKAさん、コメントありがとうございます。
日経ソリューションなどを読むと「当社はこのようにシステム開発を委託して大成功しました!」というような記事を見ることがあります。しかしブログでそのようにプラス面を強調したエントリを書くと妙に宣伝くさくなってしまいがちです。かといってマイナス面を強調して書くと当事者にご迷惑をおかけすることになりそうですので、回避することが多くなってしまうのだと思います。
マイナス面と言えば、失敗した経験をブログで共有して同じ轍を踏まないようにするのは良い使い方じゃないかなと思っています。成功した事例は雑誌やテレビで喧伝されるのでよく情報が入るのですが、失敗した情報はなかなか手に入りません。私を含め、シロクマ日報の小林さんやけんじろうさんも「失敗に何を学ぶか?」ということをエントリしておられますが、成功事例よりも失敗事例のほうが参考にしやすい部分がたくさんあると思います。そういったことも共有できると良いのですが、当事者から公開の同意を得るのは難しいでしょうね。

コメントを投稿する