オルタナティブ・ブログ > 本橋ゆうこの「エンガワで背泳ぎ?!」 >

「エンガワ=縁側」は、完全な「家の中」でも「外」でも無い「宙ぶらりん」な空間。そこには誰でも気楽にぶらりと立ち寄れて、しゃべったりお菓子を食べたり。情報交換や一休みに飽きたら、すいと立ってまた自分の仕事に戻って行ける。そんな風にゆるくて、ちょっと元気をもらえる所。そんな皆が好きな「縁側」で、いつも空を見上げながら何故か「背泳ぎ」をしている…そういう雰囲気のあるブログを綴っていきます。

本橋 ゆうこ

本橋 ゆうこ

多摩美術大学芸術学科卒業。 イラストレーター時代にITmediaで「くねくねハニィの最近どうよ?」「悲しき女子ヘルプデスク物語」等の人気連載挿絵を担当。異様に「目力」強い登場人物が特徴。2007年に独立後、フリーランスとして制作活動を続ける。 その後、一念発起して当時まだ珍しかった本格派クライミング漫画『オーバーハング!』で商業漫画家としてデビュー。 現在はKADOKAWAのデンプレコミック誌上で世界初(たぶん)のトレイルランニング漫画『カゼキル ~GREAT TRAIL RUNNERS~』を連載中。初の単行本1巻2019年10月25日発売!! 「カゼキル GREAT TRAIL RUNNERS 1」 最新の連載こちら 「カゼキル GREAT TRAIL RUNNERS」

プロフィール

多摩美術大学芸術学科卒。漫画家、イラストレーター。


KADOKAWAのデンプレコミック誌上で世界初(たぶん)のトレイルランニング漫画『カゼキル ~GREAT TRAIL RUNNERS~』を連載中。初の単行本1巻2019年10月25日発売!! 「カゼキル GREAT TRAIL RUNNERS 1」 最新の連載こちら 「カゼキル GREAT TRAIL RUNNERS」

2006年からITmedia上にて「くねくねハニィの最近どうよ?」「女性システムエンジニアの憂鬱」「科学なニュースとニュースな科学」」等の連載の挿絵イラストを担当し、2007年に独立。その後も「ソーシャルメディアセカンドステージ」「ドクトル・ピノコのプチ元気の薬」「悲しき女子ヘルプデスク物語」「ドジっ子リーダー奮闘記」等の連載で挿絵を担当。(他多数)

『トップ画面でつかみはオッケー☆』なド派手なイラスト(を使ったアイコン)制作が信条。イラスト及び漫画の作風はきわめてフリーダム(不定形ともいう)で、当初はあまりの絵柄の違いっぷりから作品ごとに全くの別人だと思われていた。キャラクターの男女問わず異様に「目力」の強い登場人物が特徴。

現在は北関東に在住で、トレイルランニング漫画「カゼキル」を連載中。 作者ツイッターアカウント
お仕事ではつねに「見る人を元気にする作品づくり」を目指している。