オルタナティブ・ブログ > IT世界の車窓から >

ブロガー waki が訪れる各地を、ITの視点から見てみると…

大船渡市災害ボランティアセンターにて・・・マイクロソフト寄贈パソコンとともに

»

岩手県大船渡市も激甚災害となった地域のひとつです(というか三陸沿岸はほとんどが大変大きな被害を受けています)。5月22日(日)にお伺いしてまいりました。
その大船渡市にもマイクロソフトのパソコン寄贈プロジェクトによるノートPC が活躍しています。大船渡市災害ボランティアセンターには、6台のパソコンが稼働しており、ネットワークを通じてプリンタの共有やインターネットによる情報のやりとりが行われています。
しかし、無線LANがあるわけでもなければ、ブロードバンドがあるわけでもありません。それぞれのPCから au の回線カードを使って接続をしています。それでも、約 1Mbps程度は出ています。
高速ではないものの実用域速度のインターネットとパソコンがあれば、いろいろとできることが増え、活用範囲も広がります。しかしながら、実際の災害ボランティアセンターの方々は、現地の日々の作業に精いっぱい取り組んでいらっしゃいます。IT や パソコンやインターネットどころではない状況なのかもしれません。実際に訪問させていただき、状況も確認させていただき、少しずつ、少しずつ、お手伝いをさせていただきながら、活用範囲を広めたいと思っています。(できることは少ないかもしれませんが、現地に行けば、手と足を動かしっぱなしです、何かできることは見つかるのです・・・)

あらためて被災された方々にお見舞いを申し上げます。また、現地で活躍されている方々の努力に尊敬を致します。がんばってください。

[大船渡市災害ボランティアセンターの様子を 360度ビューの Photosynth で見る]

Img_4427

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する