オルタナティブ・ブログ > ウツリーマンの日常 >

心が折れてしまう前に予防的視点でのメンタルヘルス情報発信

「人との接触を8割減らす、10のポイント」に必要なICTはどうする?

»

先日4月22日、新型コロナウイルス感染症専門家会議から、「人との接触を8割減らす、10のポイント」が示されました。

緊急事態宣言の期間延長になっていますが、全国的にこれから徐々に解除されてアフターコロナの話題も多くなって来ています。

そもそも"アフターコロナ"と言う表現は正しく無いかも知れません。コロナウイルスが無くなる訳では無いので、"コロナと共存する世界"なのでしょう。

そこで今回テーマにした、「人との接触を8割減らす、10のポイント」についてですが、ご覧の通り10のポイントのうち、半分以上がインターネットなどICTを活用する内容になっています。

確かに今の日本ではインターネット普及率は90%を超えているとは思いますが、まだ100%ではなく、情報弱者と言う層の人も少なからず存在します。

これからの"コロナと共存する世界"では今まで以上にICTの重要性が高まってさらに普及、技術革新も進むと思います、しかしそこには情報格差がボトルネックになる気がします。国には是非この課題にもしっかりと取り組んでいただきたいと思います。

私はあまり政治的な思想は無いのですが、今の日本政府には少し不信感を抱いてしまいます。是非本当に国民目線での対応を切に願います。

#Stay Home

#家に居よう

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する