オルタナティブ・ブログ > ウツリーマンの日常 >

心が折れてしまう前に予防的視点でのメンタルヘルス情報発信

Web会議はどこを見ればいいの?

»

以前の職場ではWeb会議を使う機会も多かったのですが、今の職場ではほとんど使う機会がなく、今回の外出自粛で急に在宅勤務を行うことになったので、やはりツールとしてWeb会議を使う機会も増えてきました。

久しぶりに自宅から仕事でWeb会議を行ってみて、なんとなく違和感を感じてしまいなぜだろうと考えてみたら、それは

"目線の位置"でした。

Web会議だとどうしてもPC(もしくはタブレットやスマホ)の画面に目線が行ってしまい、目線が下を向いてしまいます。

どうしてもお互いに伏せ目がちなミーティングになってしまいます。

もちろん会議の趣旨としては言葉で伝えるので特に問題はないのですが、会話をすると言う意味では少し味気ない気がします。

ではどうすれば良いのか?コツとしては

「自分が発言する際にはカメラを意識して目線をカメラに向ける。相手が話している時には画面を見る。」

これを意識的にWeb会議の際に実践するとかなり違和感がなくなりました。どうしても自分がどのように映っているのか気になって画面を見てしまいたくなってしまいますが、これは慣れなような気がします。

実際にリアルな会議では自分の顔なんて見えないのですから。Web会議であろうとリアルな会議であろうと、相手の目を見て話をすることが基本なのかなとあらためて感じています。

Web会議の時には相手の"目"は"カメラ"になっていることを意識して見ましょう。

少しでも在宅勤務の環境が快適になるように色々と工夫して行けるといいなと思っています。

まだまだ先行き不透明ではありますが、一人ひとりの行動が結果として早くこの非常事態を収束させることに直結すると思いますので、皆さんそれぞれできることをやって乗り越えていきましょう。

#StayHome

#家に居よう

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する