オルタナティブ・ブログ > 「神奈河、神名川、上無川 。」 >

読めばベタに分かる、タイトルどおりのブログ

日々雑感。君とピアノと。

»

最近筆の進まない妹尾です。皆様いかがお過ごしでしょうか。

日々の生活が、特段これといって逼迫している訳では無いのですが、何となく文章を書きそびれている今日この頃。書きたいテーマは山程あるが、今はうまく形にできそうな気がしないので、ついつい温めています。

一応、存在証明のため、ここのところ思ったことを(自分のために)記録しておきます。

以下、ほとんど意味の無い記述が続きますので、真面目な方、理性のある方はお奨めできないので、読まないで下さい。

・・・とここまで、昨年3月の自分のエントリーの全くのコピペ。なんだ、毎年この時期になると、こんな感じになってしまうのか・・・。成長の無い自分に呆れながらも懲りずに同じようにつらつらと書いてしまうのでした。

  • auのコマーシャル。嵐の二宮くんが脱サラして役者を目指す、というもの。何となく微笑ましく、「おう、頑張れよ!」とこちらも思わず言いたくなってしまうのだが、冷静に考えるとあのCMはおかしい。ああやって荷物を引き払おうとしているってことはもう会社は辞めているのじゃ無いのか?だったら社員証は既に返しているのでは?いや、返さなくてはいけないものでは?・・・でも初めて会社を辞めた時、なんかその社員証を渡すのが惜しくて・・・というか記念に残しておきたい、と思った気持ちはわかる。自分の場合は当時カメラ付ケータイも無かったので、会社の近所のコンビニでまた当時値段の高かったカラーコピーをした・・・どっかにまだあるはず、すぐには出せないけど。
  • 佐々木さん松尾さんも書いていたが、iPhoneが8GBモデルなら0円だという。ああ、これでいよいよ出費を言い訳にiPhoneを買えません、ということはできなくなったか(誰に対してなのかわからないけど)。でも今回のこのキャンペーンを待たずとも、丁度今利用している910SHが次の4月で新ボーナスプランの満期を迎えるのでいよいよiPhoneに切り替えても良いかなぁ、と思っていた所。電話用途で使うことも多いので、iPhoneで電話するってのもどうなんだ?とは思ってみたりするけど、やっぱりiPhoneアプリは使ってみたいし。4月まで待って、そしたらさらに16GBモデルが0円にならないかな?とか欲をかいてみたりすると、案外先に在庫がさばけてしまい、5月末までと言っていたキャンペーンそのものが終わってしまうのかも。そういうシチュエーションに多々出くわす自分(苦笑)
  • QuickJapan」のvol.82号より。
    毎年恒例!!現役放送作家八人によるテレビ・オブ・ザ・イヤーのページより抜粋
    高須光聖氏
    ウッチャンは松本と組むからには、松本をすべらしちゃいかんと考えて、松本は松本で、ウッチャンが出てくれたのに面白くなかったと言われちゃいかんと。どっちもお互を気遣ってるのがひしひし伝わってきた」(※原文表記のまま)
    あと松本がなんで『ザ・ドリームマッチ』をするかというと、あの番組って実は『M-1』の前日に収録してるの。松本としては『M-1』でネタもやらずに偉そうなことは言えないから、とは言ってたな。
    ダウンタウンとは幼なじみの上、現在も仕事でパートナーを務める高須氏ならではの、普通は知ることの無い裏エピソードとは思うが、やはり「仕事」をする姿勢という意味ではどんなジャンルでも同じだな、と思った。最終的には自分のために仕事はやるもんだと思うけど、誰かの足を引っ張らないように、信頼する誰かをきちんと担ぎ上げたい、という気持ちはやっぱり少なからずあるんじゃないか、と思う。
  • 今年に入ってから、長年連れ添ってきたシンセサイザーをオークションで売却した。Roland D-50。手に入れたのが約12年前ぐらい。購入価格は3万円だった、と思う。売却価格は約1.5万円。購入時に比べ目減りしているのは事実だが、機械もので、ましてや新品で発売されていたのが約20年前であることを考えれば、年換算1,250円、月額に直すと約100円という使用料はもの凄く安いしリーズナブルなんじゃないか、と思う。やっぱりシンセにしても何にしても、「人が持っているから」という理由ではなく、自分が「コレ」と思うものを手に入れ続けたい、と思う。
  • 結果として、今までバンド活動でリモートキーボード代わりに使っていたD-50を手放すことになったので、昨年わらわらと買い続けたミニ鍵盤の類いをいよいよ本番デビューするための準備を始めなくてはいけなくなった。
    きちんとコピーができてないこともあって、なかなかセッティングが決まらない。
    それでもとりあえずキーボードスタンドに載せるだけ載せてみた。

    Sbsh0079


    うーむ、何ともシュールだ。

    それはともかく。

    今まで何度も気づくはずがあったに違いないのだが、ヤマハのミニ鍵盤とカワイのミニ鍵盤では微妙に横幅が違うことに気づいた。画像ではわかりにくいけど、カワイの方が幅が大きいので、37鍵となると、丁度白鍵1つ分ぐらい異なる。CBX-K1(上から二段目)だけが小さいのかと思ったら、CS-01(一番上の段)と変わらないので、ヤマハは昔からそうだったのだろう。それが理由なのか、ヤフオクではCBX-K1よりもHYPERCAT(上から三段目)の方が常に人気で落札価格が高い。もう一台HYPERCAT欲しいんだけど・・・。
  • NHK教育の朝7時から始まる「シャキーン!」をうちの息子が学校に行く前に見ている・・・というかその時間にもそもそ起き始めている。決して番組のせいではなく、うちの息子の問題だが、早速「シャキーン!」とはしていない。自分は日本テレビの朝8時から始まる「スッキリ!!」を見ている。この番組名のかぶり具合は偶然なのか狙いなのか?・・・とそんな話をしていたら、妻にその後の番組として「パッチリ!!!」とか、もっとお昼過ぎになって「もっそり・・・」なんてのもありかも、と言われた。そこで”ウンウン”とうなずいてしまう、我が家はそんな家庭。
  • 松尾さんが小学一年生の付録に今年もピアノが付いているらしき件をブログで書かれていることを会社で読んだ。”らしき”と書いたのは、うちの会社では動画系サイトが全部規制が入っていてサムネイル画像が表示されないので、どんなものが当該ピアノなのかがよくわからなかった。そもそも、ドラえもん?、ピアノ?、ふでばこ?・・・そんなの以前の小学一年生の付録でもあったやん、と思う。
    (こんなのです)

    Sbsh0080


    家に帰ってから松尾さんのエントリーと現物を確認すると、(当たり前だけど)どうやら全く違うものらしい。

    でも松尾さんのエントリーに気になる一節・・・。

    そして、この筆箱機能が実はiPhoneを入れることを想定しているのではないかという疑惑がわいてきたので、実機を入れてみたのですが、なんとこれがぴったり。

    今まで筆箱を見た所でそんなことを考えても見たことが無かったのだが、(前述のとおり)我が家にはiPhoneは無いものの、よくよく見ると、うちのドラえもんふでばこピアノの場合、iPod miniに丁度良いサイズなのでは無いか?

    早速試してみた。

    Sbsh0081

    やはり丁度良かった。
    アプリが動く訳でも無いので、ここにはまった所で何の意味も無いのだけれど。
    横幅は綺麗に収まったものの、高さは超えているので、ふでばこが閉まる訳では無いのだけれど。
    ちょっと自己満足。

    松尾さんの着眼点に改めて感服すると共に、本当に小学館の小学一年生の付録についてくるドラえもんふでばこピアノは常にその時販売されているiPodサイズに設計されているのでは無いか?と思ってみたりする。数学的帰納法で言えば、これで、n次世代のドラえもんふでばこピアノについて証明できればそうと言い切れるのかもしれないが、ドラえもんふでばこピアノがn次世代になるのっていつだ?(苦笑)
  • ここ数ヶ月、オルタナティブ・ブログを書く時は「xfy Blog Editor」を利用していた。今回は超久々にTypePadのフォームで書いている。xfyじゃないのはただ何となく。特に理由無し。それぞれ一長一短あるけど、今書いているパソコンのネットワークは、無線LANの問題なのかブロードバンド側の問題なのか単なる自分の設定が悪いのか、一旦切れるとパスパス切れちゃうので、そういう意味ではオフラインで書くことのできる「xfy Blog Editor」の方が安心して書けるな~、と改めて思う。
  • 最後に。4月から部署異動し大幅に担当業務が変わることになりました。ある意味社会人になってから初めて担当する内容。右も左もわからない新人さん。40になる歳にして初めて、ってことで、ある意味”転職”するような感じ。実際担当してみるとどうかわかりませんが、とりあえずワクワクしています。詳細はまた異動してから、ということで。今言えることは、あるオルタナ・ブロガーさんと業務で会うことが確実に増えそうな予感がしています(笑)

Comment(6)