オルタナティブ・ブログ > 「神奈河、神名川、上無川 。」 >

読めばベタに分かる、タイトルどおりのブログ

やっぱり「豚汁(ぶたじるorとんじる)」か「野菜炒め」かなぁ・・・。

»

お久しぶりです。妹尾です。

しばらくエントリーをしていませんでした。仕事が忙しい、とかいった健全な理由(?)ではなく、単なるサボりです。すみません→って誰に謝ってるんだ?もし自分のエントリーを楽しみにしてくれている人が居るとしたら・・・←そんな人は居ません(自虐オチ)・・・。

さて気が付けばまた「番長と遊ぼう」が始まってました。じゃあ遊ばなきゃ!ってことでエントリーしてみる訳です。

ばんちょ~も書いていたけれど、1番を選ぶ、となると難しい訳です。

日本料理って言われると、焼き魚やら刺身やら煮付けやら浮かぶところ。でも自分にとって毎日毎日それを食べ続けろ、と言われたら飽きてしまうかもしれません。

そういった意味で、観点がずれちゃうかもしれませんが、自分の場合は、日本ならではっぽくてかつきっと毎日食べ続けろ、と言われても飽きないものにしました。

で、一つは「豚汁」。ぶたじる、とんじる、読み方は任せます。自分が物心ついた時には我が家では”ぶたじる”だったような気がします。

具として最低欲しいのは、(当然)豚肉、それで自分の場合はじゃがいもともやしです。にんじん、たまねぎはあるに越したことはありませんが、オプションでも可、です。

よくこういった汁ものの場合、地域によってバリエーションがあったり、各家庭の味付け等により微妙に好みの差が出るもんですが、(自分の味の許容範囲が広いことは置いておいて)過去38年生きてきた中で、「あ、これはダメだ~」というものに出会ったことが無い。でもって、前の日の残りとかを食べた時でも「え~また~?」とか思ったことが無いので、やっぱり好きなのだ、と思います。

で、もう一つは「野菜炒め」です。野菜炒めと言っても実際は肉は入っていて欲しいのですが、こちらも安い特売の豚バラ肉で可。自分のイメージ、としては、回鍋肉(ホイコーロー)ともまた違うんですよね。味としてはシンプルに醤油と胡椒だけで。具としては最低(前述のとおり)豚バラ肉とキャベツとにんじんと。もやし、は今度はオプションで可。ピーマンもオプションで可、でも細切りでお願いいたします。さらにオプションで言えば、「味覇」や「ユウキのガラスープ」等の中華だしを入れても可・・・中華だしって書いてる時点で日本料理じゃ無いやん・・・。じゃやっぱそこは取り消しで・・・。

たぶん、自分の場合「豚汁」と「野菜炒め」は延々と食べ続けることができる、と思います。相手が白御飯でもビールでも日本酒でもそばでも対応可能です。

したがって、自分にとって最強の(?)日本料理は「豚汁」と「野菜炒め」です。

でも「おにぎり」以上の存在感は無いなぁ・・・(苦笑)

Comment(2)