オルタナティブ・ブログ > Hello! BPM >

BPMが今、面白い。ITシステムが変わる、IT産業も変わる。

米国BPM関連情報から2題

»

正月習慣のない米国でも、新たな年ということで「BPM Trend for 2007」の様な記事をいくつか見つける事が出来ました。2件、その概略を紹介します。

Emerging Trends in BPM: What Happened in 2006, and What's ahead in 2007  :BPMコンサルタントのSandy Kemsleyの記事。

BPMの発展・成長は2006年、そして2007年へと続いていくが、BPMに関わる今後重要になる4つの変化を紹介する。

SOAとBPM  : BPMシステムがSOA環境で提供される色々なサービスを使って業務プロセスを完成させていく。

BPMの標準化  : BPMNは既に標準化され市民権を得ている。しかしXPDL・BPDM・BPELは今後色々議論されていく。

Modeling for the masses. : BPMNベースのモデラー等、モデラーを使い業務を記述・分析するモデリングの普及。

Web 2.0 hits BPM.  : プロセス連携(Process symdication)等の為にBPMがWeb 2.0推進に効果を発揮する。

5 BPM Trends for 2007 : BPM ENTERPRISE が色々なメディア記事から重要と思われる5つを引用し、2007年のBPMの傾向を予測する。

Process Improvement will be Job No. 1. (出展 CIO Insight    :CIOの最大の関心事が業務改善である。

Designing for Agility (出展 Neal McWhorter)  : 業務プロセスの設計をITの実装とは関係なく実施すること。

Web 2.0 hits BPM  (出展 Sandy Kemsley)   : Web 2.0は結局は、Enterprise Software領域に行き、BPMと連携をとる。

More importance of Process Discovery from Existing Assets( 出展 Mike Thompson)  :BPMを開始するのは、既に有る業務プロセスの改善から実施すべき。

Software prices will go down,service rates will go up.(出展    Stuart Mullins)   :システム経費が製品からサービスに移行していく。 

確かに色々変わっていく状況を感じます。変わっていくことは一時(いっとき)の混乱を見ますが、次の発展の為の生みの辛さと思います。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する