オルタナティブ・ブログ > The Grouchy Bug >

米国東海岸発、とあるソフトウェア開発者のよもやま話

IBM Project Vulcanと今後のクライアントUIテクノロジー(その1)

»

Lotusphere 2010が終了して1週間ちょっと経ちました。その中で注目のひとつだったのがLotusphere 2010のOpening General Session(OGS:基調講演)でトリとなったProject Vulcanでした。

Project Vulcanでの重要な役割は、Lotusの次世代にむけたコラボレーション製品の青写真/長期的なビジョンを示すことです。

Project Vulcanに関して公開された機能、内容は、主に以下のようなものがあります。
- コラボレーション製品にインテグレートされたエンタープライズむけのソーシャルソフトウェア、ソーシャル分析、ビジネス分析ツールを含む。
- 既存の複数のLotus製品がまるで1つの製品を使っている様にシームレスに統合されている。
- Web標準の技術ベース。(HTML5, JavaScript, Webサービス, REST APIなど)
- Web(モバイル製品、クラウド製品)ベースから、リッチクライアント(デスクトップクライアント)ベースまでサポート。

Lotusphere以降公開された、Project Vulcanに関する情報は以下のようなものがあります:

eWeek - IBM Lotus CTO Demos IBM Project Vulcan
Lotus CTOがeWeek.comに対して行ったProject Vulcanのデモのビデオ

ITMedia - IBM、コラボレーションの未来コンセプト「Project Vulcan」発表
スクリンショット含む

ITMedia - IBM Project Vulcan=Google Wave+Facebook+BI
eWeek.com翻訳記事。Project Vulcanの概要説明。

Lars Rasmussen Interview - "We're Talking to IBM About Project Vulcan"...and Much More
Google Waveを作ったLars Rasmussenのインタビュービデオ。Lars RasmussenがProject Vulcanについてちょこっと(1:50あたりから)述べています。(Project VulcanはコンペティターだけどGoogle Wave, Project Vulcanなどの異なる製品同士で共通のプロトコルは使うべきだなど)

上記のIBM Lotus CTO Demos IBM Project Vulcanのページのビデオでは、リッチクライアントとウェブブラウザ上それぞれで動くVulcanのデモをしています。リッチクライアントとウェブブラウザで、どうやって同じUIを表示しているのか、または、今後IBM Lotusではどのようなテクノロジーを使ってクライアントのUIを作って行くのかなど、次回では、そのあたりをもうちょっと掘り下げてみたいと思います。

<<つづく>>

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する