オルタナティブ・ブログ > 点をつなぐ >

触媒のように世の中のいろいろな人やものをつないで変化を起こしていきたいと思っています

「自分史フェスティバル2014」で、シニアビジネスの第一人者である村田裕之さんの講演があります

»

自分史活用推進協議会では、自分史はシニアの方々だけでなく、
現役の社会人や学生など幅広い年代の方々にも
役立つということをアピールしていますが、
それでも、やはり一番興味を持ってもらいやすいのは
シニアの方々です。

今回の「自分史フェスティバル2014」では、
シニアビジネスの第一人者である、村田アソシエイツ代表で
東北大学特任教授の村田裕之さんをゲストに招いて
8月13日の午前10時15分から講演していただくことになっています。

自分史フェスティバル2014 - 『なぜ、人は自分史を書きたくなるのか?~スマート・エイジング時代、その意味とシニアビジネスの役割~』 村田裕之(村田アソシエイツ代表、東北大学特任教授、他)

村田さんのプロフィールを一部引用します。

多くの民間企業の新事業開発・経営に参画し、日本導入後1,422店舗、会員60万人(2014年6月10日現在)を突破した中高年女性フィットネス「カーブス」、累計2,100万台を販売したNTTドコモ「らくらくホン」、日本発の非薬物認知症療法「学習療法」の米国への輸出など、常に時代の一歩先を読んだ事業に取り組む一方、シニアビジネス分野・高齢社会研究の第一人者として講演、新聞・雑誌への執筆も多数。複数企業の顧問も務める。 自らが企画立案に関わった東北大学スマート・エイジング国際共同研究センターの設立に参画。企画開発部門責任者として、研究開発部門の研究成果を、海外の先端的研究機関との共同研究、異業種の民間企業との産学連携、および学習意欲の高い高齢者と学生・院生との世代間交流を通じて実社会へ展開する事業「スマート・エイジング・スクエア」「スマート・エイジング・カレッジ」を立ち上げ、運営している。

村田さんは「シニアシフトの衝撃」「シニアビジネス 多様性市場で成功する10の鉄則」
「親が70歳を過ぎたら読む本」「成功するシニアビジネスの教科書」など
多くの著書も出してらっしゃいます。
どんなお話を聞けるのか、とても楽しみです。

成功するシニアビジネスの教科書 「超高齢社会」をビジネスチャンスにする“技術"

村田 裕之 日本経済新聞出版社 2014-06-19
売り上げランキング : 3615
by ヨメレバ

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する