オルタナティブ・ブログ > 点をつなぐ >

触媒のように世の中のいろいろな人やものをつないで変化を起こしていきたいと思っています

京都みやげの生八つ橋の箱に入っていたもの

»

京都や大阪へ行ったときは、
帰りにおみやげに生八つ橋を買って帰ることが多いですが、
12日に日帰りで京都へ行ったときも
生八つ橋を買ってきました。

その箱の中に「八つ橋誕生物語」をマンガで紹介する
小冊子が入っていたので読んでみました。

131016yatsuhashi1

この小冊子によると、「八つ橋」の由来は、
伊勢物語や謡曲「かきつばた」の舞台となった
「三河国八つ橋」の故事にあるそうです。

川で二人の幼子を亡くした母親が仏門に入り、
供養のために川に「八つ橋」と呼ばれる
橋をかけたという故事に、元禄時代の人が感動して、
橋の形に似せたせんべい菓子をつくったとのこと。

ネットで調べたところでは、
八つ橋の発祥については、ほかにもいくつか説があるようですが、
やっぱり、単なる商品だけでなく、
その商品にまつわるストーリーやエピソードもわかると、
いろいろと興味がわいてきますね。

個人が情報発信するときにも、単なる断片的な情報ではなく、
なるべくストーリーやエピソードを発信するようにすると
興味をひき、覚えてもらいやすくなります。

そのためにも、自分史をまとめてみて、
自分の過去のストーリーやエピソードを整理しておくことが役立ちます。
ぜひ個人のPRやブランディングに
自分史を活用してもらえたらと思います。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する