オルタナティブ・ブログ > 谷誠之の 「カラスは白いかもしれない」 >

人を動かすものは何でしょうか?様々な「座右の銘」から、それを探っていきたいと思っています

配られたカード

»

おそらく世界でもっとも有名なイヌが主人公の「Peanuts」という漫画の一節に、こんなせりふがあります。というか、あるそうです。又聞きなので正確ではないかもしれません。

    結局、配られたカードで勝負するしかないんだよな。

ないものねだり、という言葉があります。持ってないから欲しくなるというのも真実だし、持ってないものを得るために努力する、というのも大切なことです。
しかし現実は、今自分が置かれている立場、持っているスキル、知っている人脈、そういったものをフルに活用してやっていくしかないんですよね。

持ってないことを嘆くのではなく、持っているものをいかに最大限に活用するか、ということを考えましょう。

---

そういえば・・・

昔、荷物を両手にいっぱい持っている状態でドアを開けなければならない時に、「ああ、手が3本欲しい!」って言ったことがあります。そうしたら隣にいた友達が、

      で、もし手が3本あったら、「4本欲しい!」って言うんだよ。

って言いました。ああ、それは真理かもしれません・・・。

Comment(2)

コメント

カードを持っているだけではダメでしょうね。

使える状態を維持する事も大事な要素だと思います。
「雨が降れば傘をさす」 傘を持っていれば当然の行為なのでしょうが
さした傘が骨が折れて、破れていては充分な効果は得られない。

スキルも人脈も使える(ちょっと語弊が^^;)状態を維持する事が大事でしょうね。

昔は、これくらいの処理はヘルプ見なくても出来たのに・・・
と最近エクセルのヘルプとにらめっこの私です ^^;

谷 誠之

吟さん、コメントありがとうございます。
なるほど、「使える状態を維持する」というのも大事ですね。色々な意味で、メンテナンスをするってことですよね。

まずは、持っている手札を大切にする。
それから、その手札をどのように使えば最大限の効果が上げられるかを考える。

できそうで、なかなかできません。

コメントを投稿する