オルタナティブ・ブログ > 谷誠之の 「カラスは白いかもしれない」 >

人を動かすものは何でしょうか?様々な「座右の銘」から、それを探っていきたいと思っています

お金も地位も名誉も、すべて他人からもらうもの

»

友人から「これ、おもろいで(関西弁)」と薦められて読んだ本があります。
夢をかなえるゾウ」という本です。すでに大ベストセラーでもあるので、ここで詳細を書くのは省略しますが。
簡単に言えば、「成功のためのノウハウ集を読んでも成功しない人に向けた、成功のためのノウハウ集」ってとこでしょうか。

私がこの本の中で一番気に入ったのは、次のせりふです。

「自分の仕事が価値を生んでるかを決めるのはお客さん、つまり自分以外の誰かなんやで」

単純に、「力のある人は成功する」として、その「力」は、必ず外、つまり他人というか、お客さんというか、自分以外の誰か(何か)に向けられなければならないものだと思います。お金も、地位も、名誉も、すべて自分の力を認めてもらった上で、他人からもらうものです。言い換えれば、他人から認めてもらわない限り、成功なんてありえないのです。

この「他人から認めてもらう」ということは、特に日本人はへたくそな人が多い、と思います。
まず、自分にはこれだけの価値がある、と勝手に思い込んで、その思い込んだ価値が周りに認められないと「周りはぜんぜんわかっていない」と憤慨する。
逆もあります。自分にはぜんぜん価値がないと思い込んでいていて、周りの人のほめ言葉を素直に受け取ることができない。

自分が勝手に決める自分の価値は、たいてい間違っています。過大評価、過小評価してしまうのです。もちろん自尊心を持つとか、自信を持つといった要素は非常に大切ですが、しかし間違っても自分で自分を評価してはいけません。自分を評価するのは、常に他人なのです。

常に自分に対する周りの評価に耳を傾け、素直に受け入れることが重要だと思います。いい評価も、悪い評価も。最悪なのは、評価すらされない、ということです。「愛の反対は憎しみじゃない、無関心だ」という言葉もあります。悪い評価だって、評価されたということは、関心をもたれているということです。いい評価を受けたときも、悪い評価を受けたときも、それを素直に受け入れて「評価してくれてありがとう」と言うのです。

周りに合わせろとか、周りの評価を気にして行動しろ、という意味ではありません。「オレはオレの道を行く。周りがどう評価しようが関係ない」でもいいと思います。悪い評価を受けたから絶対に変えなければならない、ということではありません。しかしたとえ「オレはオレの道を行く」としても、自分の評価については知っている必要があると思うのです。知っている上で、その評価に反応するかしないかは、自分が決めればいいことです。

成功は自分の力です。しかしその力を認めてくれるのは、常に他人なのです。

余談。もし、怪獣がまったくいない世の中に偶然やってきたウルトラマンって、きっとみんなから認められなかっただろうなぁ、って思います。体がデカいから肉体労働できる?でも、3分しかいられないものなぁ。

Comment(2)

コメント

Kyte

じゃあ、市ねって言われたらしぬんですよね。

谷 誠之

Kyte さん、コメントありがとうございます。

>じゃあ、市ねって言われたらしぬんですよね。

この手のコメントを頂戴するのは結構あることなんですが、ここではあえてそのコメントにまじめにお応えしましょう。

私の答えは、Yes でもあり、No でもあります。

まずは、No の説明から。
私は、「自分の評価は他人が決める。自尊心や自信は大切だが、自分で自分を評価していはいけない」と書いたつもりです。つまり、誰かのいいなりになれとか、誰かの命令に従えと書いたつもりはありませんし、そんなことを言うつもりもありません。ですから「氏ね」と言われることを考えることそのものが、ナンセンスなのです。

そもそも、他人が決める自分の価値というのは、その他人に対してどれだけ価値を提供できるか、という部分にかかっています。Aさんは私に何の価値も見出さないかもしれないし、Bさんは私にものすごい価値を見出してくれるかもしれない。その価値が、私への評価、ということになるのです。それはAさんやBさんに命令されるからするとか、命令されないからしない、ということではありません。価値を提供する側も、提供される側も、常にフラットな、上限関係のない存在です。

もし誰かが、私に「氏ね(死ね)」と言ったとしましょう。それは、その人が、私が死ぬことによって私に価値を見出すこと、なのでしょうか。ほとんどの場合、私が死んでその人に何らかの価値を提供することなんて、ないでしょう。

一方、Yes というのはどういうことか。
それはさきほどの後者の説明の部分です。ごくまれに、私が死ぬことで多大な価値が見出される可能性です。例えば私が感染性の強い病原菌を持っていて、私が死んで焼却処分されることによって何万人もの人に感染せずに済むのであれば、私は喜んで死ぬでしょう。

もしかしたら、私が尊敬している、この人のためなら死んでもいい、と思うぐらいの人(仮にXさん、としましょう)から「お前、オレのために死んでくれ」と言われたら、どうでしょうか。これは悩むところです。私が死ぬことでその人に多大なる価値を提供することができるなら、死を選択するかもしれません。
ただ、重要なのはその後のことです。私が死ぬと、私が価値を提供できたかもしれないそのほかの人たちに、価値を提供することができなくなります。価値の提供は、そこで止まってしまうわけです。ですから私が(私だけでなく、生きているすべての人たちが)死ぬことはおろか、健康を害することでさえ、他人に対して価値を提供することを阻害する、悪いことだと思っています。ですから私はおそらく、私が死んでこの世からいなくなるという選択肢以外の方法を、Xさんに提案するでしょう。

コメントを投稿する