オルタナティブ・ブログ > 田中淳子の”大人の学び”支援隊! >

人材育成の現場で見聞きしたあれやこれやを徒然なるままに。

電話が鳴る音に慣れていない新入社員。

»

先日、OJTトレーナー研修でこんな話を聴きました。

「うちに配属された新人に電話を取るように言ったのですが、電話が鳴るたびに、"びくっ!"と小さく飛び上がり、固まってしまいます。それでも取るように言うと、緊張で真っ白な状態で会話し始め、言っていることもなんだか分からなくなるようです。 慣れるまで1ヶ月くらいかかったかもしれません」

「リーンリーン」と鳴る電話に慣れていないのですね。

最近は、家庭の電話を取ることがないばかりか、家庭に固定電話すらない場合も多く、個人が持っているスマホは、「リーンリーン」とはならず、そもそも、スマホも「電話」としてはほとんど使わず、つまりは、若者の世界では、「電話が鳴る」と言うこと自体が非日常なのだと思います。

この話を別のところでしたところ、やはり、OJTトレーナーをしているという方が、

「うわー、おんなじパタンです。うちに来た新人も電話が鳴るたびにびくっ!として固まってます。全く経験がないんだなぁ・・・と思って、落ち着いて対応するよう指導してますが」

・・・

あちこちで、電話にびくっと反応している新入社員がいるようです。

そういう時代なのですねぇ。と思いつつ、私も最近は電話鳴ると焦りますけれど。

===============================-

「リーンリーンと鳴る電話」と言えば、フィンガーファイブですよね。(昭和)

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する