オルタナティブ・ブログ > "さとなお"の『人生たまにはバケーション』 >

元・外資系ハードウェアメーカー・マーコム担当の、人生のお休み徒然日記。

海外でマナーの悪い日本人を叱りつけるの巻 ~バリ島夏休み日記 その1~

»

1週間の夏休みから戻ってきたところ、メールの数がハンパでなく(およそ1000通。これでも例年の夏休みと比べると少ない方ですが)、その処理と容赦無い通常業務の嵐に追われて、はや週末です・・・とほほ。

さて、8/22から約1週間、インドネシア・バリ島へ行っておりました。

今日は、最終日に遭遇した「マナーの悪い日本人」について(いきなりネガティブな話題ですが)怒りが冷めないうちに書いておきたいと思います。

私が泊まっていたホテルは、インドネシア料理のバフェが食べられるシアターがあり、毎週特定日にバリ舞踊が開催されます。

チェックインしてすぐに予約を入れておいたのですが、当日通された席は、シアターより数段高い所謂2階席のようなところの後列でした。

前列は小さな子供連れの外国人夫妻と、結婚式をここで挙げたらしい日本人カップルと両家ご家族。

私たちはテーブルとテーブルの間から舞台を観る感じでしたが、十分にスペースはあったので大丈夫かな、と思っていました。

席についてしばらくは夕食を楽しみ、30分ほどしてバリ舞踊(この日の演目はレゴンダンス)が始まったのですが、私から見て斜め前の日本人家族は、バフェを取りに行ったり喋ったり、なんだかせわしない。

それでもダンスに集中して観ようとしていたのですが、お酒が入って両家のお父さん達は大声で話し始め、ダンスは全く観ておらず、まるで旅館の大広間での宴会かというような騒ぎっぷりになり、音楽に声が被って聴こえず、騒ぐお父さん達が視界に入って踊りも観られず、という状況になりました。

挙句に、

「こんなダンス面白くない」

などという始末。

見かねてホテルの従業員に訴えるも、彼らもどうにも伝えられない(英語も分からない方たちのようだったので)との態度・・・。

そんな状態が延々1時間近く続き、私は海外旅行で初めて本気で、日本人に怒りました。

海外で、マナーの悪い日本人を見ることは沢山あれど、先進国の場合は「そのうち痛い目見るから」と、いつもスルーしていました。

先進国の場合は、本当に痛い目に逢う事が多いし(前職の経験上でも)、英語が分からない日本人観光客は、現地の人にまくし立てたれてオドオドしながら退散することが多いので。

でも、今回ばかりは見過ごせませんでした。

ダンサーの方に失礼とは思いながらも、席を立ち、問題のお父さん達のところへ行きました。

お父さん達の間に立ち、片方ずつの肩にバシリと手を置いて、

「声のトーン、落としていただけますか?」

手は力強く、でも声は穏やかに。

びっくりした模様のお父さん達、でも酔っていてよく聴こえない様子だったので、

「ダンスが見えないし聴こえないので、黙ってください」

それだけ言って、席に戻りました。

自分の娘や息子とほぼ同年代(と思われる)女性に叱られたお父さん達、すっかり大人しくなって、最後の10分間のみ私はゆっくりダンスを観賞できました。

お金を出せば、自分達よりも所得が低い、発展途上の国で豪遊できるという現実。

穏やかなインドネシアの人達に何も言われないからといって大きな態度を取り、滞在している国の文化を知ろうともせず、失礼なこと・マナー違反を認識していないこと。

・・・同じ日本人として、本当に恥ずかしい。

インドネシアの人達に、日本人みんながこんなにマナーが悪く、失礼な人種だと思われることは、本当に悲しいことです。

自由に海外に旅行ができるということ自体、恵まれたことであるのに、そのありがたみにも気づいていない日本人が多いと感じるにつけ、見識の狭さに落胆します。

私のチームメンバーは、アジアパシフィックの主要国にそれぞれいますが、外資系でオープンな環境にも関わらず、国そのものが閉鎖的であったり、海外旅行にでることが困難なチームメンバーが沢山います。

途上国(特に観光で成り立っているバリのような地域)でお金を落とすことで、確かに彼らの生活が成り立っている、という側面もあります。

でもどこかで、自分達と経済格差のある国として彼らを見下していたりする部分があるのではないでしょうか?

改めて、「世界の中の日本」と「真に国際人となりえていない日本人」というものを考えさせられた、旅の最終日でした。

出かける前に宣言していた"ブランド エクイティ" と"integrity"という考え方について、様々な角度から検証出来たのですが、その結果はまた次のBlogに書きたいと思います。

Comment(13)

コメント

佐藤さん
 こんばんわ。 バリですか。いいですねー。私の妻も行きたがっています。
 マナーの悪い日本人は良く見かけますね。中国、韓国、日本の3国は本当にマナーが思います。
 ラスベガスでマンマミヤを見ていたときに後ろの席にいた酔っ払った日本人が「おー人を吊ってるワイヤーが見えるぜ。ダセー」とか、「英語わかんないからつまらん」とか、俺は知ってますいわんばかりに大きな声で次に起きるあらすじを話したりしていたので、「見るなら静かに見なさい」と静かに言ったことがあります。
 エジプトでは壁画を直接手で触っていたり、明らかに入ってはいけないエリアに入っていって起こられていたり、エアーズロックでは上り口の石を削っていたり、タバコを投げ捨てたり、、。
 同じ日本人としてとてもいやな気分になることが多いです。
 気がついた日本人がしっかりと指導しなくてはいけないでしょうね。

>吉田さん
こんにちは、コメントありがとうございます。
そうですね・・・私もマナーの悪い本人が自ら気づくまで放っておく、というスタンスでいたのですが、それでは問題解決にならないし、やはり指導や注意していかなければならないな、と今回の一件で考え直しました。

そういえばイタリアでも、日本の修学旅行生の落書きが問題になったことがありましたね。
日本は"学力の向上(テストの点数)"にばかり重きを置きすぎて、本来学ぶべき"道徳心"や"モラル"といった"人間としての社会性"を教えることや、善悪について考える機会というものを、置き去りにしてきたのではないかと、個人的に思います。

Toms

イタリア落書きなどもそうですが、どちらかと言うと海外そのものから批判されるというよりも自国からの批判が多い気がしますね。

海外のアンケートなんかでは日本人の良いところとして「礼儀正しい」などが上位になる事が多かったかと思います。
もちろん日本人自体はそんな事ない、と返すわけですが。
自国(自分以外の自国民)に結構厳しい、珍しい国なんじゃないかなと思う時が結構あります。

nao

>Tomsさん
こんにちは。
そうですね、自国からの批判が多いというのは頷けます。
しかも直接的ではない、ソーシャルメディア上などでの批判が多いですよね。

公共の場などでのマナーの悪さも、よく取り上げられるトピックですが、直接自分が注意しに行くことはせず、あとで陰で批判したり。

外国人に対して、比較的親切で、例え言語がわからなくてもオドオドしながら道を教えてあげたりするところが、「礼儀正しい」と少し勘違いされているのかな、と思う節もあります。

言語に自信がないと、途端にうろたえ小さくなり、相手が自分より下と見るや偉そうに振舞う、珍しい(欧米の方から見たら、滑稽?)な国、というのは少し言いすぎでしょうか。

Toms

まあ大国タイプは自分が一番と初めから思っているので常に偉そうですからね。
相手を見て反応する小国タイプはあまり理解できないのでしょうな。

Houdy

注意されて、そこでおとなしくなるのがまだ日本人的だと思ってしまうのは、他国人のひどさを聞きすぎているのでしょうか(笑
注意したのはワタシではありませんが、騒いでいたのを注意される→逆ギレ→さらに見せつけるようにもっと騒ぐ→さすがにスタッフに外に連れ出される、といった最低なコンボを目撃したことがあります。
ちなみに宴会場から追い出されたあとも外のロビーで騒いでました。

nao

>Houdyさん
こんばんは。
私もいざ注意したものの、逆ギレされたりしたらどうしようと、ドキドキしました・・・幸い、素直に(?)大人しくなってくれたので良かったですが。

日本人は、基本的に小心なのですかね。
注意するくらいでドキドキしている私も(笑

Nala

>お金を出せば、自分達よりも所得が低い、発展途上の国で豪遊できるという現実。
>穏やかなインドネシアの人達に何も言われないからといって大きな態度を取り、滞在している国の文化を知ろうともせず、失礼なこと・マナー違反を認識していないこと。

マナーの悪い方々には辟易しますが、
このような差別的で思い込みの激しい考えもどうかと思います。
めでたい席で飲みすぎてタガが外れてしまっただけで
「金を払っているんだから騒いでもいいんだ」とは思っていないんじゃないでしょうか。
ましてや滞在している国の文化を知らなきゃいけないなんて義務はありませんし、そうするかどうかは個人の自由です。
そう感じるのもnaoさん自身に少なからずそのような思い上がった考えがあるからなんじゃないでしょうか?
またインドネシアの方々が穏やかだと決めつけていますが、それこそ「真に国際人となりえていない日本人」の感覚です。
無頓着なのかもしれませんし許容範囲なのかもしれません。
劇場ではないのでバフェを取りに行ったり喋ったりせわしないのは仕方ありません。
延々1時間そのような状況で頭にくるまで我慢したのは御自身です。
嫌な事を嫌と、なかなかはっきり謂う事が出来ないのは日本人の悪い所でもあります。
マナーの悪い方々の肩を持つ訳ではありませんが、日本人の感覚を基準に物事を考えるのも時には考えものです。

それにしても隣の席の子供連れの外国人夫妻は平気だったのでしょうか・・・

nao

>Nalaさん
こんにちは。
>naoさん自身に少なからずそのような思い上がった考えがあるからなんじゃないでしょうか?
はい、私自身も常々そう思っています(コメントに対する開き直りではないです)。
自戒も込めて感じたことを書いたまでなので、自分は違うとか偉そうに語るつもりはありません。

インドネシアの方が穏やかだと感じたのは、もちろんホテルの従業員という彼らの立場から来るものであったり、私がこの旅で接した一部の人達について感じた主観的なものですので、(決め付けといわれればそう取れるかもしれませんが)そのようなつもりでは書いていません。誤解を招くような書き方で申し訳ありません。

>それにしても隣の席の子供連れの外国人夫妻は平気だったのでしょうか・・・
この方達も、ちょっと何度か振り返って(そのような席配置だったのです)件の男性2人を見て不快そうな感じでした・・・。
彼らのお子さんは、ダンスが始まるまではしゃいで走り回っていたのですが、お母さんが何か耳打ちするときちんと座って真剣に舞台を観ていました。
途中一度バフェへ行き、「アイス取ってきちゃった!」と小声で嬉しそうにご両親と話していたのが微笑ましかったです。

今回うるさかったのが男性ではなく、例えば小さな子供で、しかも日本人の子供だったら、やっぱり「日本人は欧米人に比べてしつけが甘いな」とかまた偏見気味に思ってしまったのかな、とNalaさんからいただいたコメントを読み返しながら考えてしまいました・・・。

Nalaさんが仰るように、私も真の国際人にはなりえていないと思いますし、差別や偏見のないものの見方が出来ていないな、と反省いたしました。
コメント、ご指摘ありがとうございました。

George

皆さん、こんにちはGeorgeと申します。いろいろな考え方があるので、面白く参考になりました。実は私、海外駐在20年目を迎えました、過去の駐在国は五カ国となり、いろいろな人種と国々の方々と仕事、交友を持ってまいりました。私、個人の考え方ですが、日本人は比較的にマナーは良く、注意されるとおとなしくなってしまう人たちが多いですね、お酒が入ると気持ちが大きくなってしまい、周りが見えなくなってしまうのでしょうね。偶々こういう機会に遭遇されてしまったのでしょう。勇気を持ちお話をされたのは素晴らしい。

> そういえばイタリアでも、日本の修学旅行生の落書きが問題になったことがありましたね。
> 日本は"学力の向上(テストの点数)"にばかり重きを置きすぎて、本来学ぶべき"道徳心"や"モラル"といった"人間としての社会性"を教えることや、善悪について考える機会というものを、置き去りにしてきたのではないかと、個人的に思います。

テレビのニュース映像で見ただけですが、サグラダファミリアには世界中の観光客が書いた落書きがびっしりありますよね。
後に批判を受けた学生がサグラダファミリアの管理団体に謝罪と弁償を申し入れたところ、滅多に無いことだと感心されていたということもニュースで取り上げられていました。


サグラダファミリアにはイタリア人の観光客が多く、イタリア人の落書きも多いそうです。


落書きした学生が謝罪を申し入れたのは、イタリア・フィレンツェ市のサンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂でした。

nao

>Georgeさん
こんにちは。コメントありがとうございます。
駐在20年ですか!色々な国々の方と交流され、様々な考え方や文化に触れられていることと存じます。羨ましいです!
是非色々と今後もご教授ください。
>勇気を持ちお話をされたのは素晴らしい
ありがとうございます。 でも、果たして自分の言動が正しかったのかと、いまだに自分の中でも腑に落ちていない部分があります・・・。
皆さんからいただいたコメント、本当に勉強になりました。


>$さん
こんにちは。
>謝罪と弁償を申し入れたところ、滅多に無いことだと感心されていたということもニュースで取り上げられていました。
そうでしたね、私もニュースで見ました。
批判を受けての事とはいえ、非を認めたのは一歩前進かな、と思います。

日本でも、よくお寺や神社に落書きしたり、シールのようなお札(自分の名前が印刷されたもの)を貼ってはいけない場所に貼っていたり・・・意識という点ではあまり変わらないのかもしれませんね。

コメントを投稿する