オルタナティブ・ブログ > Speed Feed >

モバイルシフトとソーシャル化によって変化するネットの世界を、読者と一緒に探検するBlogです。

日米のソーシャルメディアマーケティングの違い

»
米国ではFacebookが1.5億人、すなわち国内人口の50%以上が使っています。もはやメールと同様に普遍的なコミュニケーションプラットフォームです。
だから米国でソーシャルメディアマーケティングといえば、それはイコールFacebookマーケティングであり、Facebookページを中心においたキャンペーンに、クチコミ拡散用のTwitterとリッチコンテンツの置き場所としてのYouTubeを組み合わせることで、ほぼ定石となるわけです。
ところが日本国内では話が違う。
Facebookはまだまだマイナーだし、mixiでさえ人口の6分の1にリーチできるに過ぎません。従って、日本国内では、Facebook、mixi、Twitter、YouTube、ニコニコ動画、Blogなどを上手に組み合わせて、延べ数で勝負する必要があります。これをソーシャルメディアミックスと呼びます。

このソーシャルメディアミックスの組み合わせ方や用法は、医師が処方箋を書くにも似て、顧客と市場のあり方によって都度変えていく必要があります。また、Facebookページを軸としてトラフィックの誘導を考えていけばよい米国のシチュエーションとは違って、国内では独自に企業ドメインでのポータルを置き、トラフィックのハブにする必要があるのです。
これをソーシャルハブと呼びます。

ソーシャルハブとソーシャルメディアミックスをうまく用いることで、日本仕様の正しいソーシャルメディアマーケティングが生まれる。そう考えています。
Comment(0)

コメント

コメントを投稿する