オルタナティブ・ブログ > 熊谷修司の最高のチームを創る >

組織、マネジメントの理論とその実践を、スポーツ・学校を通して考える。

環境の整え方

»

ラグビーW杯は日本各地で開催されたが、ラグビー専門のスタジアムではない「競技場」での開催もあった

個人的に心配していたのは競技場の陸上トラックが、そのままの状態ならば、「ラグビー会場としての雰囲気の欠如」になってしまう、という点。

かつて日韓サッカーW杯でトルシエ監督が痛烈に批判していたのが、それ

「これは陸上競技場だ」と

今回、そこが気になって見ていたが、どの会場もトラック部分に緑の人工芝を敷きつめ、「違和感」を出さないようにしていた。

小さなことだが、こういうことが大事なこと

一面緑の上でのラグビーは素敵に映った

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する