オルタナティブ・ブログ > 坂本史郎の【朝メール】より >

ビジネスモバイルITベンチャー実録【朝メール】から抜粋します

MBO後の最初の定期株主総会

»

おはようございます。

曇りがちの空です。お天気は下り坂か。関東地方の予想最高気温は27℃。

===ほぼ毎朝エッセー===

昨日は、3月31日付て東レから自社株をすべて譲渡してもらってから初の株主総会でした。議決権のある株式は現状、取締役3人が持つもので全てです。完全に内輪です。ここで手綱を緩めてはいけません。どういうことかというと、時系列的な手順や資料などが揃うこと、総会での緊張感などを失わないなど心掛けが重要です。そういう心掛けで株主総会を開きました。

ちなみに、決算の数字が直前まで出ていないこと、自分も事業報告書を準備しておくことを忘れていたあたりは、かなり危ないサインです。人は低いところに流れてしまうものですから。

さて、従来は非常勤監査役を東レがアサインして派遣してくれていたのですが、それも変わりました。新監査役は安部さんという方にお願いしています。彼は自分の会社をやっている社労士の方で、e-Janの就業規則改訂のときに尽力してくれた人です。新監査役には事業報告書や、2017年度の計画についても報告しておきました。

議長として株主総会を進行しながら、思い描いていたのは、来年の定期株主総会には、きっと社員が多く参加しているイメージでした。今年度に、社内で流通させられる株式市場を作り、社員に株主になってもらうということを考えています。

理想の組織のためには、社員が株主であるという姿を試す必要があります。「誰のために仕事をしているの?」「自分のためさ!」という会話が当たり前になることでしょう。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する