オルタナティブ・ブログ > 隠れた財産 >

Make Applications More Valuable

ScanSnap Cloud

»

領収書や様々な書類をディジタル化しようということで、1年以上前にScanSnap ix100という機種を購入しました。

ところが、wifiで接続し、他のPCやスマートフォン、タブレットと連携するという運用がマニュアル上ではできそうだったのですが、どうもうまく接続できなくて、結局ScanSnapをwifiのサーバーにしてiphoneをそれに接続するという方法しかできませんでした。

しかし、この方法では、iphoneの接続先をその都度変更する必要があり、大変運用が面倒くさいという欠点がありました。

自然とそういう面倒くさいことをやるよりは、スキャンのクオリティは落ちるにしても、iphone上でスキャンソフトで写真を取って、dropbox等のクラウドストレージと連携するほうがずっと手軽だったので、それ以来このスキャナーは宝の持ち腐れでした。

ところで、今回直接クラウドストレージと連携できるということがアナウンスされたので、試してみました。

ScanSnapをWifiのサーバーになるように設定していたので、クラウド対応にする際、設定を元に戻すなど若干設定には苦労しましたが、無事設定ができ、Dropboxと連携してみました。

さすがにiPhoneのスキャンソフトに比べれば、書類のしわや曲がりを気にすることなくクオリティの高いスキャンができ、操作の手間もiPhoneで写真を取る手間と変わりません。

持ち運びがスマフォほど手軽ではないというのはありますが、そこは我慢するとして、やっとスキャナーとして使える状態になりました。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する