オルタナティブ・ブログ > 隠れた財産 >

Make Applications More Valuable

アジャイル

»

アジャイル開発しようよ--「良かれと思って」の罪深さ

アジャイル開発がどの程度浸透してきたかは、はっきりとはわかりませんが、私の回りを見渡すとなかなか浸透してきたとは言い難い状況です。

まあしかしウォータフォールモデルが古いからそれじゃあアジャイルでってわけにはそう簡単にはいかないというのはまさにそのとおりだと思います。

ここでもやはり要件定義やスコープを制御しやすい小規模案件でアジャイルの成功体験を積み重ねつつ、徐々に大きなものに適用範囲を広げていくというのが王道のような気がします。

日本のSI業界では今後はマイナンバー対応で旺盛な案件需要があることと想像しますが、マイナンバー対応は基本的に既存システムに対する保守案件だと思いますので、マイナンバー対応の部分だけアジャイルで行うということは基本的にむずかしそうなので、なかなかアジャイル開発が増えそうな雰囲気はありませんね。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する