オルタナティブ・ブログ > 隠れた財産 >

Make Applications More Valuable

米連邦航空局、航空機内の電子機器規制の緩和発表

»

アメリカ連邦航空局は、飛行機の離着陸時を含め、電子機器の電源を切る必要がないとするなど、規制を緩和すると発表したとのこと

おそらく電子ブックリーダーの普及に伴い、乗客からの要望が強かったと予想されます。

私も飛行機によく乗るのでこの規制が日本でも早く緩和されることを期待したいと思います。

飛行機に乗る際には荷物をなるべく軽くしたいと考えますが、本、書類の類は機内でそんなにたくさん読まないとわかっていてもついつい重量が嵩んできます。

そういう観点で、タブレットで書籍を保持し、移動中はそれを読むというのを徹底したいと常日頃考えていましたが、この規制がある限り飛行機上では空白の時間がどうしても発生してしまいます。

しかたがないのでその間の暇つぶしとして週刊誌を購入して読むということもよくしますが、わざわざそのために購入するのも何だかなあという感じです。

あとつい最近もやらかしてしまいましたが、着陸前にタブレットを座席の前のポケットに入れたまま忘れてしまうということもちょくちょくあって、そのたびに落し物の問い合わせをして引き取りするという大きな時間の無駄も離着陸時に利用可能となれば自ずとそういうチョンボも減るかなと期待できます。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する