オルタナティブ・ブログ > 隠れた財産 >

Make Applications More Valuable

WIMAX2サービス開始

»

総務省に申請していた特定基地局開設計画が認定され、今年の10月末よりサービス開始とのことです。


宝塚の自宅は、一応光回線ですが、マンションの構造上VSDLでの接続となっており、理論値で最大70Mbpsとなっています。

実効値では30Mbpsがいいところでしょう。

現状家のデバイスはほとんど無線LAN経由で802.11nでの接続ですが、スペック的には既に元の回線がボトルネックです。

この状態では、次世代規格の802.11acに切り替えたとしても効果はほとんど期待できません。

いっそのこと1GBの光回線の使える所に引っ越すというオプションはそう簡単には実行できません。

そういう状況でのサービス開始のアナウンス

サービス開始が待ち遠しい所です。

また2017年(ずいぶん先ですが)1Gbpsを目指すとのこと。

楽しみです。

しかし帯域が1Gbps確保できたとしてレイテンシー(レスポンス)はどうなのか興味というか疑問はあります。

いずれにしろ自宅近辺がサービスインの暁にはサービスに加入してみたいところです。

あとは実際に私の自宅近辺で本当にサービスインとなるのがいつになるかですね。

いまだにauのLTEは我が家の自宅近辺でのサービスは微妙な状態ですので、大分サービスインまで時間がかかるかもしれません。


それとLTEも同様に転送速度を上げていく方向だと思うので、状況によってはLTEを選択というオプションもありかと思います。
Comment(0)

コメント

コメントを投稿する