オルタナティブ・ブログ > 隠れた財産 >

Make Applications More Valuable

iOS4.0

»

iPhone 4がリリースされたので、iPhone 3Gから機種変更したいところですが、あと10ヶ月も本体の支払いが残っているので、もう少し我慢することにしました。

通話障害でもめてることもありますし、もう少しほとぼりが冷めてからというのも踏みとどまった原因の1つです。

そこで、気分だけでもiPhone 4になったつもりで、OSをiOS 4.0にアップグレードしてみました。

見た目は、以前とほとんど変わらず、目だった違いは、メールの操作で1部変更があるくらいです。

拍子ぬけした感じですが、使っていく内に顕著な違いがありました。

正確に測ったわけではありませんが、電源オンからの立ち上がり(ブート)が、遅くなった感じがします。

最早、3Gは眼中になくて、どんどん新しいハードに代えろというメッセージですかね。

日頃からお客様に新しいバージョンを使ってくださいとお願いしている手前、ほかのソフトも新しいものがでたら、どんどんアップグレードすることにしています。

私が新しいバージョンは前のバージョンより速くなければならないというインターシステムズの開発哲学に毒されていたのかもしれません。

アップルがハードウェアベンダーであることをすっかり忘れてしまっていました。

最初の立ち上がりなので、実害はそれほどないのですが、もうひとつ致命的な問題が発生するようになりました。

これは、アップグレードが原因なのかはっきりしませんが、アップグレードしてしばらくしてから、App Storeのアイコンをクリックすると、iTunesの認証スクリーンが出て、ログイン情報を入力後、それ以降、App Storeのアイコンをクリックしても、必ずiTunesのWebに飛ぶようになってしまいました。

App Storeが使えなければ、iPhoneの意味がないという感じですので、これは本当に致命的ですが、解決策がいまの所、見つかっていません。

Comment(2)

コメント

sis

実際の状況がどうなのかわからないのではずしてるかもしれませんが、
少し前にiTunesアカウントがハッキングされ使われるということで、アップルが責められる事態になっていました。(原因は不明)
そこでアップルの対策として、定期的(?)に登録しているクレジットカードのセキュリティコードを聞いてくることになったらしいです。私も最近(4に上げてからかも)iPhone上で聞かれました。それじゃないでしょうかね?

ウルフ

sisさん

情報ありがとうございます。
別にセキュリティコードは聞かれなかったので、少し違うようです。

おかげさまで問題は解決しました。

iTunesに移動する前にApp Storeのメニューが一瞬出ていたのですが、そこでアップデートの所を長押ししていたらApp Storeに移動してくれました。

何でこうなったかなぞのままですが、解決したのでOKです。

コメントを投稿する