オルタナティブ・ブログ > 隠れた財産 >

Make Applications More Valuable

電子ブック

»

Amazonだけでなく米国書店最大手のBarnes & Nobleも電子ブック市場に参入してきましたので、いよいよ電子ブックも盛り上がるかなあと思っています。

iPhone用のKindleもリリースされたので早速ダウンロードして使ってみようと思いましたが、よく考えたら日本語のコンテンツが全くありません。

日本でのサービス開始はいつ頃になるのかと思っていたところ、以下の記事を見つけました。

出版もガラパゴス化?

全く日本らしい裏事情ってやつですね。

当然紙媒体より安くなければ、意味はありません。

時代は確実にその方向に向かっているのだから、さっさと腹をくくってほしい所です。

住居が欧米に比べれば、圧倒的に狭い日本では多少の読みにくさはあっても場所を取らないメリットは捨てがたいと思うのですが。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する