オルタナティブ・ブログ > 隠れた財産 >

Make Applications More Valuable

SOAスイート

»

SOAは、いわゆるIT業界のbuzzword、つまりはやり言葉ですが、当然、このはやり言葉に便乗しようと、いろいろなソフトウェアメーカが、SOA対応を製品の特徴としてうたっています。

インターシステムズ社も当然、EnsembleでSOA対応が可能ですという宣伝をしています。

Ensembleは、SOAシステムを構築するツールですので、こういうことを言うことは何の問題もないと思いますが、最近、ERPの様な本格的なビジネスアプリケーションがSOA対応を売り文句にしつつあります。

基本的には、既存のERPパッケージを再構成して、ERPの機能をWeb Service対応したものをSOAスイートと呼んでいるみたいです。

一見、こういうERPベンダーからSOAソリューションを購入する方法は、効率が良く、やりたいことが素早く行なえる様な気がしますが、果たしてそうでしょうか?

ERPを導入したとしても、既存のアプリケーションを全て捨てるわけにはいかないと思います。

従って、SOAスイートを導入したとしても、既存アプリがすぐSOA化できるわけではないと思います。

もうひとつ、付け加えるとすると、SOAの本質は、自主独立ということだと思いますが、ベンダーのソリューションに全て依存するというのは、やはり矛盾しているような気がします。

SOA戦略の要としてSOAスイートを捕らえるのではなく、あくまでも1要素にすぎないという立ち位置が妥当ではないかと思います。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する