オルタナティブ・ブログ > In the looop >

海外ソーシャルメディア事例を徹底的に調査し,マーケティング活用の秘訣を提案するブログ

トップブランドは、Google広告にいくら使ってる?

»
 

Advertising Age(元記事)が、2010年6月におけるGoogleリスティング広告投資先ベスト10ブランドをスクープ、情報元はGoogle内部文書とのこと。個別企業の投資金額がリークされるのは極めて稀なことだろう。
 

09062010googlespend
【出所: Advertising Age】

 
ベスト10をリスト化すると以下の通り。

  1. AT&T wireless spent $8.08 million (6.8億円)
  2. Apollo Group spent $6.67 million (5.7億円)
  3. Expedia spent $5.95 million (5.0億円)
  4. Amazon spent $5.85 million (4.9億円)
  5. ebay spent $4.25 million (3.6億円)
  6. BP spent $3.59 million (3.0億円)
  7. Hotels.com spent $3.3 million (2.7億円)
  8. JC Penny spent $2.46 million (2.1億円)
  9. Living Social spent $2.29 million (1.9億円)
  10. ADT Security spent $2.19 million (1.8億円)

 
1位のAT&TワイヤレスはiPhone4のプロモーションが主だったようだ。

その一方でAppleのグーグル広告投下は $1 million(8400万円) 以下だったとしている。あわせてGM、Kodak、BMWはすべて $500,000(4200万円) 以下だった。

またトップ10ブランドがGoogle広告売上(2010年6月)全体に占める割合は5%にも満たない。いかにGoogle広告がロングテールビジネスになっているかがわかる数値だ。

Ad Age元記事には、さらに詳細なブランドごとのコメントなど掲載されているので、興味のある方はぜひどうぞ。


Bookmark and Share

記事裏話やイベント、講演スライドDL、バイラルムービー集など、Facebookファンページは こちら

 
 

【ソーシャルメディア活用事例集】
Honda、Facebookゲームとタイアップ。20日間で360万人を集客し、急増中 (8/30) 
出版業界のお手本,ナショナル・ジオグラフィックのソーシャルメディア活用 (6/4) 
米国ドミノピザ事例。動画大炎上を乗り越え,ソーシャルメディアをフル活用 (5/10) 
マーサ・スチュワートに学ぶトリプルメディア活用最前線 (5/2) 
ビクトリア・シークレットに学ぶソーシャルメディア・プロモーション (4/23) 
ツイッター利用が活発な航空業界における炎上事例と未然防止事例 (3/16) 
ソーシャルメディア炎上考察 ~ ペプシ Refresh Project トラブルとその顛末 (2/27) 
Facebook活用における貴重な効果測定事例 - ファン醸成が店舗売上に直結 (2/20) 
レディ・ガガに学ぶソーシャルメディア活用最前線 (2/5) 
米国Hondaやサントリー角ハイボールに学ぶソーシャルメディア活用の秘訣 (2/4) 
 


斉藤Twitter,ご連絡などお気軽にどうぞ。 http://twitter.com/toru_saito
斉藤Facebook,友人申請はお気軽にどうぞ。 http://facebook.com/toru.saito

Facebookファンページ In the looop はこちら http://facebook.com/inthelooop
最新の筆者著書です。 『Twitterマーケティング 消費者との絆が深まるつぶやきのルール』

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する